年別: 2005年

六甲山


クリスマス演奏が終わった。課題がでている。この経験が生かされますように。

六甲山は雪が残っていた。標高900mだと 気候が全然違う。しかし、不思議だ。
吹雪になっても、ホテルからは 霞がとれて、夜景が見える。素敵で、言葉では表せない。(☆o☆)キラキラ 来年 神戸空港が開港するそうだ。

尼崎の献花台に。今年は4月に JR福知山線 尼崎で事件がおきた。
このクリスマスの遅く寒い夜に夜警が4人。丁寧な対応だった。
私は、お水を供えた。「どんなに苦しくて お水が欲しかったことか」とつぶやいた。夜警の人も 親身になってくれて 一緒に 泣いてくれた。
マンション周辺から レールを見ると確かに急なカーブだ。「危険だ」と思う。
人智を出し合って、二度と起きないようにしなくてはならない。

同志社メサイアは、今年は 悲しみが極まっただろうと思う。多くの通学生に犠牲者や負傷者がでていたから。
光と影。私たちは 生かされているのだろうか、と思う。

f1b637c3


保育園のクリスマス会


今日は、保育園のクリスマス会演奏で訪問した。元気のいい、子達が 跳んで 跳ねて・・・ 年長組には1人、1人、楽器をさわってもらった。「きっと いい思い出になると思うよ」、園長先生が言われた。みんな 一生懸命歌ってくれた。
今度からは ミニ・チビアコが必要だと思った。なんか 元気がでますね。

終わりに 給食をいただく。もう すごく久しぶり。とても おいしい。雑魚の和え物、こんにゃく入りの肉じゃが、卵汁、ごはん。量は少なめでも きちんと 食べられる バランスのよい栄養価があるんだと思った。



 


「ウインズ」


今日は、先輩の平阪さん宅に行った。「ういんず」でお馴染み デビュー20周年で
今までの曲のリメイクして レコーディングしている。山根康弘さんはこのスタジオでレコーディングしたそうな。他に ボーカルの「宮本 恵梨菜ちゃん」がいて 「いつかライブしようか」 と話した。私は 自分の演奏をレコーディングしたかったのだ。

家には FOSTEXのMTR-8があり、SHUREのコンデンサマイクもある。もう ひとがんばり。


美奈子さん


美奈子さんが逝ってしまった。38歳 同年代の私としては すごく寂しい。
白血病という病にどうして 罹るのか 理解できない。10万人に2~3人という。
岩崎宏美さんが「神様はなんて意地悪なんだろう」といった言葉に 絶句するしかない。美奈子さんは ただ純粋に 生きた人。

心から 哀悼の気持ちを表します。

アメイジング・グレースを聞いて 涙が止まらない。
ありがとう、を伝えたい。ら・ら・ば・い?優しく抱かせて

この曲、不思議な響き。

147

 


ハンドベルの演奏と医療


大阪女子学院大のリンガーによるハンドベル演奏があった。
ハンドチャイムも登場。不思議な空間に、心も洗われる。
後半は 緩和ケアのあり方についての シンポジウム。患者でも 生活感を持ちたい。緩和ケア病棟はそんな雰囲気をつくることで いろいろ錯誤してきた。
対処療法だけが 医療ではない。現在は 予防医学を強く推奨しているところもある。この病院も 定期健診制度を受けるように 促している。
また 薬は必ずいるものなので 医療は患者にとって プラスのものであるという思う。


NECガラコンサート


2005年の記事。

御喜 美江氏のアコーディオンを 紀尾井ホールで聴こう。
そんな企画が 進行している。NECガラコンサートだ。
WEB投票をして 1月15日までに 6人を 決めるというもの。
現在 御喜氏は 第6位。
このままうまくいくといいのだが。

みなさんのご協力をお願いいたします。