2017.12.16「クリスマスサロンコンサート」出演の事

LINEで送る
[`evernote` not found]

FavoriteLoadingお気に入りに追加

この週末 クリスマスサロンコンサートに出演しました。12月16日(土)18時30分 開場 19時 開演 会場 大谷公民館2階ホール (収容 100~110名)出演 アコーディオン 西辻善則 ヴァイオリン 横山亜美 ピアノ 楊 美希

第1部 アコーディオンソロ 第2部 ヴァイオリン&ピアノ 第3部 アコーディオン ヴァイオリン ピアノ 全構成 85分 休憩 15分

今年は 強烈な寒波が12月にやってきて 最高気温がひとけたの日が続いていますが 雪が降ることはほとんどありませんでした。この日は、曇り 時折 晴れ間もみえますが 冬景色です。

この時期 演奏家は 東奔西走します。時期的なものがあり 演奏される曲も指定があり 繁忙期といったところです。ヴァイオリン 亜美さん ピアノ 美希さん とのコラボレーションも楽しみにといったところです。

会場入り 館長はじめ 実行委員会の多くの方がむかえてくれました。リハーサルで舞台・音響・照明をチェックします。開場は18時30分ですが 少し前から公民館へは多くの方が待ち望んでました。

時間はあっという間にやってきます。開演 はじまりました。

第1部 私のソロ演奏から。アコーディオンの懐かしい音色で うたって楽しんでいただこうと企画しましたが 多くの方が声をあわせ 大合唱になりました。親しみやすいプログラムを心がけました。

第2部 ヴァイオリンとピアノ 前の席にいた幼少の女の子たち ヴァイオリンやピアノをまじまじとみていました。生の音楽に触れる機会が気軽にあればよいのですが。そして、ヴァイオリンというのは こうやって弾くのよと 亜美さんが解説をし この楽器へのアプローチをエピソードとのに語りました。美希さんのピアノ こんなにたくさん音がそして大きな音がでるんだ。と不思議そうでした。

第3部 アコーディオン ヴァイオリン ピアノ トリオでできる音楽があります。それは 多様性。3名の音楽性を活かして構成。聴いたことのない音楽もあったかもしれません。しかし、「親しみやすく伝えたい」という気持ちは 演奏の最初から最後まで途切れることはありませんでした。大きな拍手に包まれ 暖かいリアクションも嬉しかったです。そして、最後は昭和歌謡のあの曲 よい年を迎えられますようにと一緒に歌って幕を閉じました。本当に感謝です。





 















会場近くの 紀伊国一宮 丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)へ参拝に。ここは空気が違うようです。三名で 重要文化財の楼門へ おまいりをしました。神聖な空気が覆いました。芸能上達御守(琵琶)を授かりました。琵琶は、七福神の弁天さまが持つ福運を招く楽器、神社所蔵の 北条政子寄進の金銅琵琶は現在、奈良国立博物館に展示しているとのことです。







これが「琵琶」

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ
LINEで送る
[`evernote` not found]