ライプツィヒ・バッハ音楽祭「Bachfest Leipzig」2020.6.11-21


FavoriteLoadingお気に入りに追加

「1904年から続くライプツィヒ・バッハ音楽祭」Bachfest Leipzig HP:https://www.bachfestleipzig.de/de/bachfest

“音楽の父”バッハをテーマにした音楽祭の中で、最も長い歴史を誇る。バッハは1723年から1750年まで「Thomas kirche=トーマス教会」の音楽監督だった。

音楽祭の創設は第二次大戦前の1933年で、東独時代も音楽祭は続いてきた。東独時代を東西ドイツ統一を乗り越えた現在がある。
ライプツィヒは古くから交易の要所として栄えた街。15世紀にはハイデルベルクに続いて大学が設置され、見本市の開催や出版文化が花開いた文教都市で、ゲーテやニーチェなど文化人が活躍した。日本から森鴎外や滝廉太郎が留学した。世界最古のオーケストラの一つ、ゲヴァントハウス管弦楽団の、本拠地。
音楽祭は毎年、聖霊降臨祭(復活祭後の第7日曜日)の3週間前の金曜日から10日間の会期で行われ、期間中に100近いプログラムが用意されている・・・

2020年は6月11日から21日まで。それぞれのプログラムについてのチケットが販売されている。

表紙はこちら。

プログラム一覧はこちらのリンク

プロモーションはこちら

 

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ