「エディ・ヴァン・ヘイレン」追悼「JUMP」


FavoriteLoadingお気に入りに追加

「エディ・ヴァン・ヘイレン」追悼 アルバム「1984」より「JUMP」Van Halen

本名:エドワード・ヴァン・ヘイレン (1955年1月26日 – 2020年10月6日)65歳、天才は永年の眠りについた・・・

リードギターの「タッピングプレイ」のテクニックを広め多大な影響をあたえた「リードギターの神」の一人、音楽家。一本のギターでここまで弾ける事に驚嘆した。
また、キーボードも堪能で作曲は鍵盤で行っていた。「JUMP」は、世界じゅうで知られている名曲。エディは、リードギターとキーボードを弾いている。

80年代、グループ「ヴァン・ヘイレン」は、パンチの効いたデイビッド・リー・ロスのヴォーカルが印象でアルバム「1984」全世界で1000万枚以上を売り上げた「ダイアモンド・ディスク」。しかし、デイビッド・リー・ロスあってのヴァン・ヘイレン。彼が1986年、ヴァン・ヘイレンを脱退しソロ活動「ヤンキー・ローズ」等、ヒットを飛ばした事も注目だ。「ヴァン・ヘイレン」は、サミーヘイガーをヴォーカルに迎えアルバムをリリース、ヒットした。

特に、ERUPTION (1977)【噴火】で登場するエディのギタープレイには、超えたものがあった。当時22歳、天才と情熱。
ヘヴィメタ、ハードロックだけでなくクラシックの垣根をも超越し衝撃を受けた。

「JUMP」等、学生時代によく聴いた曲の一つ。当時、YOUTUBEはなかったから想像するに。MTVは、よく見ていた。
改めてプレイ、パフォーマンスの凄さがわかる。

トピックになっているが、ヴァン・ヘイレンのアルバム【リマスターバージョン】がリリースされているので聴いてみたい。

 

Van Halen Eruption Guitar Solo

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ