令和三年「事始め」


FavoriteLoadingお気に入りに追加

令和三年「事始め」

事始めとは、お正月の準備 12月13日

正月飾りや縁起物を準備する。松飾り 門松や根付松 しめ飾り 注連縄 (ウラジロ・ダイダイ)鏡餅
12月28日までに飾るのがよいでしょう。1月7日の「松の内」まで正月飾りは飾ります。その後、鏡開きし、どんと焼きなどでお焚き上げするとよいです。

門松 年神様を迎え入れるため 煤払いをしてから飾ります。

注連縄 モダンなものがある。

鏡餅 さまざまなものがある。

「松」 常緑樹で青いため「永遠の命」の象徴。不老長寿

「竹」 葉を落とさずに青々としている。その上、強風にもしなり、曲がらずに真っすぐ成長する事から「強い志」

「梅」 早春に一足早く咲くので「出世」「開運」の象徴。清らかで芳香漂う。

地域によりますが 餅花 など

また 授与品に 正月用があり 大福梅などがあります。

お正月を迎えるには年越し「そば」を食する。地域により、うどんのところがあるようだ。
最近は、テイクアウトやパック食材が販売されている。こちらは「あんかけそば」生姜が上にのっていて、体を温める。

2021年(令和三年)干支は丑、早咲きの梅が新しい年に花を添えます。

プロフィール

nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ