大船渡 復興の現状


FavoriteLoadingお気に入りに追加

大船渡 復興の現状 4年経った今 ようやくかさあげ工事がはじまったそうです。現地の人とお話をさせていただきました。(6月中旬 大船渡にうかがいます)

まだ 電車は復旧しておらず BRTシステムバス・ラピッド・トランジット(Bus Rapid Transit)で仮復旧 鉄道の復旧がまたれています。特に 碁石海岸、末崎(まっさき)町は 被災されたまま残っているところがあります。

(6月6日更新)大船渡にいる友人(サークルの先輩)と連絡がとれました。17年ぶりかな 会えます。私のために時間を空けてくれてありがとう。

BRT001_000

96958A9C93819695E2E0E2E2E38DE2E0E2E1E0E2E3E19191E2E2E2E2-DSXBZO5233613002032013I00001-PN1-7c971453cf1868dc567f3d287c6628e4c

現在 大船渡市博物館では 写真を展示しています。
http://www.city.ofunato.iwate.jp/www/contents/1116565865093/

震災発災からの約40日間を、0時間、24時間、50時間、100時間、200時間、300時間、
500時間、750時間、1000時間と区切り、それぞれの時間に起きた出来事を紹介します。

「居場所ハウス」がいこいの場となっています。末崎町 仮設がまだまだあり 復興に向けて進められている。http://ibasho-house.jimdo.com/

[mappress mapid=”130″]

プロフィール

nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ