東京藝術大学のオルガン


FavoriteLoadingお気に入りに追加

東京藝術大学 「上野の芸大」として最高水準の芸術家を育て生んできた。美術学部と音楽学部からなる。

音楽学部(作曲科、指揮科、声楽科、器楽科、邦楽科、楽理科、音楽環境創造科)

大学院 音楽研究科 修士課程 作曲専攻 声楽専攻 器楽専攻 指揮専攻 音楽文化学専攻
博士後期課程 音楽専攻

大学別科(音楽学部)専修:声楽、器楽(ピアノ、オルガン、弦楽器、管打楽器、古楽)、指揮 邦楽

音楽学部音楽研究センター 開架閲覧室、試聴室、音響研究室、小泉文夫記念資料室

附属図書館 東京藝術大学大学美術館

奏楽堂 正門をくぐると 大きなホールが見える。巨大なオルガンに圧倒される。フランスのガルニエ製オルガン。舞台が長く大きい。そして、舞台とオルガンとも距離がある。収容数 1140
さて、本日は オルガンのレクチャを聴く。なお、その後演奏会があった。ルドガー・ローマン氏はシュトゥットガルト音楽演劇大学音楽学部教授、東京藝術大学音楽学部特別招聘教授。


まだまだ 聴かれていないオルガンの世界を堪能。コラールは民衆のための音楽。












これは 上野公園でのスナップ。大道芸人など ここは ヨーロッパな雰囲気。小さなヴァイオリンを演奏し、観衆が賑わっている。

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ