2018.3.1 読売新聞に掲載されました


FavoriteLoadingお気に入りに追加

3月1日(木)読売新聞に掲載されました。ありがとうございます。

会場の下見に行ってまいりました。桜門は 威厳ある建造物。静けさは 私たちを包んでいます。フルート、ピッコロの響きもチェック。確認できました。

かつらぎ町 産業観光課に出向いていきました。観光協会さまのHPに掲載していただけます。

http://www.katsuragi-kanko.jp/

【以下 神社さまのHPから一部引用】
3月21日(祝)開場14:00 開演14:30 和歌山 かつらぎ 世界遺産 丹生都比売神社 (にうつひめじんじゃ world Heritage Niutsuhime-shrine)和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野 230 JR和歌山線 笠田駅から コミュニティバス(15分程)  http://www.niutsuhime.or.jp/

演奏:西辻善則(アコーディオン、ピアノ)兵藤眞規子(フルート、アコーディオン)
曲目:無伴奏ヴァイオリン「シャコンヌ」より ガヴォット G線上のアリア 
(構成に変更が生じる場合がございます)
後援:和歌山県 FMはしもと(株)
問:実行委員会 090-2100-3258 メール bach.it.subways.j.k@gmail.com

http://www.niutsuhime.or.jp/pg452.html#0202 神社さま 掲載記事
生のクラシック演奏が聴ける貴重な機会となりますので、ぜひ御参拝下さい。

ご由緒 ≪丹生都比売大神の御子、高野御子大神は、密教の根本道場の地を求めていた弘法大師の前に、黒と白の犬を連れた狩人に化身して現れ、高野山へと導いた≫





プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ