出雲日御崎 日沉宮(ひしずみのみや)


FavoriteLoadingお気に入りに追加

日御崎神社 日沉宮(ひしずみのみや)出雲日御崎大神宮

「祖神(おやがみ)さま」下の本社/日沈の宮 と 上の本社/神の宮 を総称。『出雲国風土記』に「美佐伎社」と記される。
下/天照大御神(アマテラスオオミカミ)上/神素盞嗚尊(スサノオノミコト)を祀る。

経島(ふみしま)は御神域。日御碕大神宮 下の本社(日沉の宮、ひしずみのみや)は天暦2年(948年)、村上天皇勅命により祀られる。上の本社(神の宮、かみのみや)は安寧天皇13年(紀元前536年)、勅命により祀られた。伊勢神宮が「日の本の昼を守る」のに対し、日御碕神社は「日の本の夜を守れ」 との「勅命」による。
現在の社殿は3代将軍・徳川家光の命によりつくられた。ここでは「御神砂守」がある。陳列されておらず、社務所できいてみましょう。限定発売です。

出雲大社に行く前に「稲佐の浜」に着くと、広がる海岸線と水平線をみつめる。
西を守る神に気づき、西北にある「日御崎宮」に導かれると思う。
ここに来ると何というか清々しい気持ちになれる。キヨキヨ



稲佐の浜より 美しい海岸線と 小さいながらも日御崎が見え 導かれるように行けた。



経島(ふみしま)※ 御神域



隣に港 テトラポットがある。



楼門 鮮やかな朱





下の宮 「日沉宮」天照大御神(アマテラスオオミカミ)







稲荷神社







上の宮「神の宮」神素盞嗚尊(スサノオノミコト)





何度みても堂々たる拝殿

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ