オルガンビルダー辻宏氏


FavoriteLoadingお気に入りに追加

オルガンビルダー辻宏氏

オルガン奏者としての技術を持ちながら ビルダーとして 世界のオルガンを修復。
イタリアピストイア市のオルガン また スペインサラマンカ大聖堂のオルガンを修復したことで名が知られる。

「辻オルガン建造所」を神奈川県に設立、また岐阜県白川町に移転し「辻オルガン」とする。
80台にのぼるオルガンを製作した。日本のオルガン製作界に大きな影響を与えた。

現在、日本製のオルガンは数少ない。多くは、欧米などの会社のオルガンを購入し組立てメンテナンスを行っている。
複雑な機能から、外国の技術者に依頼しているのも現状である。また、1ホールに1オルガンの構想は理想的であり
あのカラヤンが、サントリーホール建設時に「オルガンがなかったらどうしましょう」とアドバイスした。

オルガンは「ビルダー製作家」建造の技術 木工の技術 鉄鋼の技術 美術としての壮観を考慮され 総合的な技術が
芸術に結集していることから 科学と文化 過去と未来をつなげる歴史的一大プロジェクトに間違いない。
数百年使用されるオルガンは珍しくないから。

辻宏氏の本を読んだ。製作したオルガンは80以上。

こちらは、岐阜県白川町民会館グロリアホール。ここでは 毎年夏、オルガンアカデミーが行われている。



白亜の堂々たるボディ。音を聴きたいですね。



そして、岐阜市 サラマンカホール大ホール(収容700)

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ