軽井沢の「落葉松」


FavoriteLoadingお気に入りに追加

落葉松(カラマツ) 日本の針葉樹で珍しくも黄葉し落葉する。短枝上に集まる葉が、唐松風をイメージできる。それにしても、カラマツ この響きは何だろうか? 唐松岳(2696m)があるが。音のする松の印象。松カサがカラカラ・・・

東日本より北の標高の高い冷涼な地に植生する。西日本では杉が多く、カラマツやシラカバはほとんど見られない。また、ナナカマドやダケカンバ、ハイマツは南アルプスでも激減している。これが、ライチョウの生息と関連がある。人工林としては上信越をはじめ、街区に造林されているのを見かける。軽井沢の旧三笠通のカラマツ林がよく知られている。また、セミナーハウスで見られた。一方、自然林は希少になっている。南部のゴルフ場から見られる。規模が大きいものは高峰高原や二度上峠で見られる。

「落葉松」の黄葉について、北原白秋と野上彰の詞がある。

北原白秋 1885年(明治18年) – 1942年(昭和17年) 大正10年(1921年)作 四行八節の詞 井上武士・後藤惣一郎が曲をつけている。


からまつの林を過ぎて、
からまつをしみじみと見き。
からまつはさびしかりけり。
たびゆくはさびしかりけり。


からまつの林を出でて、
からまつの林に入りぬ。
からまつの林に入りて、
また細く道はつづけり。

・・・続く

湯川にある記念碑 通り過ぎる人がほとんど 気づいているだろうか

野上彰 1909年(明治42年) – 1967年(昭和42年)1947年(昭和22年)作 4連8行 小林秀雄が曲をつけている 歌曲「落葉松」

落葉松の 秋の雨に
わたしの 手が濡れる

落葉松の 夜の雨に
わたしの 心が濡れる

落葉松の 陽のある雨に
わたしの 思い出が濡れる

落葉松の 小鳥の雨に
わたしの 乾いた眼が濡れる

混声合唱曲集「落葉松」- 日本大学合唱団

高峰高原のカラマツ

時期はほとんど終わり頃だったが、壮観である。実質、ものの2週間で劇的に色が変化していく。

「野鳥の森公園」のカラマツ

落葉したカラマツの林を踏みしめてゆく。

三笠通のカラマツ林

プロフィール

nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ