【レポート】Bach in the Subways2021 アーカイブ


FavoriteLoadingお気に入りに追加

【レポート】Bach in the Subways2021 アーカイブ

トータル 858㎞(+180㎞)1038㎞の道のりでした。新型コロナウィルス感染拡大防止の観点で、2020年は2月末に臨時休校要請が発出されました。感染拡大で首都圏をはじめ全国的に感染者が増大、オリンピックは一年延期となりました。そんななか開催した2020は、6会場のうち、1会場が中止となりました。奈良、大阪、山梨、静岡、和歌山で開催しました。この時、無観客開催がとられた会場もございます。定員を半数にし、マスク着用しました。4月になり「緊急事態宣言」が発出されました。

あれから、私たちはコロナから学んだはずなのです。しかし、思うように進展しません。ワクチン開発、接種が完了する最低2年はかかるだろうとの専門家の意見でしたから。2021年の冬場は感染者が増大しどうなるのだろうと思っていました。首都圏が1月8日から2月7日、さらに延期され3月21日をもって解除されたのです。関西圏他が1月14日から2月7日までで、さらに延長され2月末をもって解除されました。このバッハイベントは3月21日周辺が開催日なので感染者が減り安心して開催できることを願いました。もし、緊急事態宣言が発出されたら中止しようと考えていました。

世界では、12月20日から「変異株ウィルス」がイギリスから流行しました。日本でも1月19日、静岡で確認されました。世界で爆発的に増え、再びロックダウンの厳戒体制におかれているところがあります。そんななか、 50都市で参画されました。日本では、7都市9ライブが行われました。私は、4都市5ライブをオーガナイズしました。会場提供者様、主催者様、ご参画の皆様、ご来場、ご視聴の皆様、スタッフの方に御礼を申し上げます。

進行をつとめさせていただきました。

A 3月15日(月)①13:00 ②18:00 奈良 Vol.7「EVANS KINGDOM プラザ」【同時ライブ配信】
演奏:なってぃ(梅本なつき)リコーダー クラリネット にしくん(西辻善則)アコーディオン ピアノ

レポートはこちら

B 3月20日(土・祝)③14:00 大阪 Vol.7 高槻「摂津響Saal」Vol.6【定員25名制限、同時ライブ配信】
演奏:山本昌代(ソプラノ)後久義昭(テノール)川瀬千佳江(フルート)山口美樹子(ピアノ)

レポートはこちら

C 3月20日(土・祝)④15:00 和歌山 Vol.7  世界文化遺産「丹生都比売神社」Vol.6 World Heritage Niutsuhime Shrine

演奏:西辻善則(アコーディオン、ピアノ)兵藤眞規子(フルート、アコーディオン)

レポートはこちら

D 3月21日(日)⑤13:30 静岡 Vol.2 油山「 静岡バッハハウス」Vol.2【無観客開催 後日、動画配信】
演奏:松本有三(バス)平野潤(ピアノ)深谷明弘(マンドリン)綱川泰典(フルート)窪田由佳子(ピアノ)

レポートはこちら

=================================================================================

オルガン:マタイ受難曲BWV244より第63曲コラール O Haupt voll Blut und Wunden「おお、血と涙にまみれし御頭」、パストラーレヘ長調BWV590より第3楽章「アリア」
アコーディオン:「ロンド風ガヴォット」【無伴奏ヴァイオリンパルティータ第3番BWV1006】より第3曲 ピアノ:「シャコンヌ」【無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番BWV1004】より終曲

プロフィール

nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ