植村花菜「トイレの神様」水の神、土の神

Spread the love

FavoriteLoadingお気に入りに追加

植村花菜「トイレの神様」水の神、土の神

水の神と土の神 トイレには女神様がいて、きれいにする事でべっぴんさんになれるとおばあちゃんに教わった。植村花菜のクリアなヴォイスによるアコースティック・ギター1本で伴奏が始まるが、最後はバンドとオーケストラのバックで9分52秒の音楽。小説「トイレの神様」は2010年7月9日、植村花菜による著書でノンフィクション小説。同名テレビドラマ「毎日放送開局60周年記念 スペシャルドラマ」が2011年1月5日に放送された。植村本人の高校生までの生活をベースとしたオリジナルストーリー。2011年6月3日にDVD発売。

トイレをきれいにする事から、多くの意味を持つメッセージソング。

厠神(かわやかみ)には守護神、土の神、埴山毘売命 (はにやまひめのみこと) と水の神、水波能売神 (みずはのめのかみ) の一対の神がいるとされる。仏教では、烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)。赤子が生まれると雪隠詣りをする習俗がある。言い伝えとして、トイレに唾をかけないで。石に小便をかけるとバチがあたる。トイレに入る時は(神様がいるので)ノックする。トイレをきれいにしないと不具の子ができるなど・・・今でこそ「水洗」だが本来は壺式で落ちると死んでしまう恐れもあり冥界への境界とされた。農耕文化の日本特有の考え。屎尿は作物の肥料にできる事から、生々流転につながる。

掃除する事はよい。自分を人を迎え入れるために。しかし、コストを無償と考えるのでなく汚れを防ぐアイデアやコストの削減に取り組むなどが大切。もう一つは、道具を大事にしシステムの維持に貢献する事。最近、正しい道具の使用法をわからない人が多くなったのでは。それと汚す人(放置する人)がいるのも事実。人に対して物が多すぎる消費社会はいつか廃れるだろうと私は思う。

プロフィール

nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ