94歳で弾く「ピアノ」諦めない


FavoriteLoadingお気に入りに追加

メナヘム・プレスラー 94歳で弾く「ピアノ」。彼は 音楽家は尊い仕事で一生かけても時間を無駄にしない。それは 心技体だと。演奏は 完璧というものはありません。だが それを目指す事により 音楽家は 聴衆に幸せを与えることができる。かつて、ボザール・トリオでシューベルトのトリオを収録している。また、アメリカで教鞭を執っている。

日本に来日し ピアノのレクチャをしている。それは 効果的でかつ的確で 作曲家の意図に沿ったものだという。あの 練木 繁夫氏 堤剛氏 寺田悦子氏も師と仰ぐ プレスラー氏。

現在 94歳。リハビリをして 杖をついてでも ピアノに向うそうだ。それは「諦めない」ということ。続けているからこそみえる道。彼の弾くピアノは 感動そのものです。







メナヘム・プレスラーの弾く ショパン ノクターン20番(夜想曲)【遺作】

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ