2018.7.28~29「ぞうれっしゃ」平和のための戦争展


FavoriteLoadingお気に入りに追加

2018.7.28~29「平和のための戦争展」サンスクエア堺で 開催されます。

28日はホールにて「ぞうれっしゃがやってきた」通称(そうれっしゃ)の披露、29日は うたう会(11時30分~13時)を開催予定です。

これは 2017年の時の模様。全国であり、東京新宿では、3月に開催されています。
「東アジア平和音楽祭」としてもリンクされてました。

「ぞうれっしゃ」国内の動物園のシンボルは「象」であります。戦争中は、大きな猛獣を処分せよという命令が出ていた。
戦局が劣勢になるなか 食糧問題もあり 餌を少なくし 亡くなっていく象達。東山動物園は、2頭の象が生き残った。
象徴的な存在であり 東京からも陳情がされたが 象は人間並みの精神力を持っている。ある事件がおき、
2頭を引き離すわけにはいかなかった。象をみたい子どもたちのために、彦根・東京からぞうれっしゃが名古屋にむかって走った。
象を守った園長のお話が感動的である。

「子供たちに平和を」テーマに「ぞうれっしゃがやってきた」などが演奏される。

原作 小出隆司 作詞 清水則雄 制作 愛知子どもの幸せと平和を願う合唱団 作曲 藤村記一郎









 

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ