菩提樹の花


FavoriteLoadingお気に入りに追加

菩提樹の花は 6月中旬にクリームイエローの可憐な花が咲く。秋には実が成り その実は 数珠などに使われている。

ボダイジュの種類はいろいろあり、インド原産のインドボダイジュ 中国原産のシナノキ科のボダイジュ 西洋ではセイヨウシナノキなどがある。

無憂樹・沙羅双樹 と並び 仏教三大聖樹(仏教三霊樹)の一つ。釈迦が 菩提樹の下で悟りを開いたとされる。
また、沙羅双樹は 釈迦が 2本並ぶ沙羅双樹の下で涅槃に入ったとされる。

そのボダイジュ 空海が唐から持ち帰ったとされ 3本あった。ひとつは京都へ それから西大寺に。
そしてもうひとつが この鵜山にあるとされる。そうだとすると 樹齢は 1200年前後ということになるだろうか。

菩提樹を眺めるだけで 功徳があるとされる。

 







 

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ