珍寿の「求愛」寂聴の世界


FavoriteLoadingお気に入りに追加

珍寿(95歳)の「求愛」寂聴の世界

珍しいという漢字 偏とつくりに分解し 王は 1 10 1 で  つくりは 8 3 で 合計 12 + 83 = 95 からきているそうだ。
「求愛」というと 鳥のすがたを思うが 鳥だけでなく 人間も求愛するのだから。

先日の朗読の会の時 一部始終を聴いた。
95歳が書いた作品と思えない語り口。若い世代の恋愛小説のようだ。現代の言葉が出てくる。コンビニ ケータイ・・・モバイル(?)
そして、モビール。登場人物のヒロインの部屋には 影絵のキャンパスがあり そこで繰り広げられる男女のやりとり。
陰影がイメージをかきたてる。もちろん寂聴らしいドロドロしたところがでてくる。

寂聴は宣う。この世の中は 男と女でしょ。喧嘩は、どちらかが一方的に悪いってことはないのよ。
私は 長生きしているのは 一人だったから。今、書けるものは、やはりリアル感のある愛。自伝のようなものを描くのは苦手で
作品の中に投影していく・・・

お元気になられたのなら何より。やはり「表現する人」なのだと思う。

昨年うかがいました「寂庵」5月の頃。
緑と石仏の慈悲のすがた。涅槃の姿をもうひとりの仏様がみている。なぜかホッとするのだった。



 



 




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

求愛 [ 瀬戸内寂聴 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/2/4時点)




楽天で購入
 

 

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ