2017.12.23「Sing in メサイア」出演の事


FavoriteLoadingお気に入りに追加

2017.12.23 「Sing inメサイア」出演の事

年末は 日本では「第九」だが、欧米では、「メサイア」が教会で唄われる事が多い。
私は 第九を歌った事があるのだけど。メサイアは たくさんの曲を合唱で歌えること 英語で歌えることなど 親しみやすい。

京都バッハ合唱団は カンタータ、ミサなど 声楽 宗教作品を上演する団体で 指揮は本山秀毅氏
以前 大阪音大の合唱講座(聴講)で指導を受けたことがある。

さて「Sing in メサイア」合唱曲を抜粋でなく「全曲演奏」に取り組んだ事があるのなら
別格のハレルヤコーラスを除いて アーメンコーラスなど歌いたい曲もある。それが、今回選りすぐりの5曲だ。

第1部
4. And the glory of the Lord こうして主の栄光があらわれ
11. For unto us a child is born ひとりのみどりごがわれわれのために生れた
15. Glory to God いと高きところでは、神に栄光があるように
第2部
39. Hallelujah ハレルヤ、全能者にして主なるわれらの神は ハレルヤコーラス
第3部
47. Worthy is the Lamb that was slain ほふられた羊こそは アーメンコーラス

事前練習の提案がいくつかあった。また、当日リハーサルで「通し」を最低限やっている。一般の合唱団は、200名(特に女声 ソプラノが多く)いたのではなかろうか。響きがとても良いことを評価していただいた。

フロット室内管弦楽団は 小規模だが、素朴でよいアンサンブルを出している。本山先生の指揮は素晴らしい。序曲がはじまると「感動」一般の席で聴くのとまた違う。ステージの袖にいるのだ。本山先生の指揮と管弦楽をそばで横からみる感じ。

私の好きな曲は
第1部
序曲
Every valley shall be exalted…もろもろの谷は高くせられ テノール独唱
第2部
Surely He hath borne our griefs まことに彼はわれわれの病を負い 合唱
How beautiful are the feet of them ああ麗しいかな ソプラノ独唱
第3部
The trumpet shall sound ラッパが響いて バス独唱
Worthy is the Lamb that was slain ほふられた羊こそは アーメンコーラス

会場は メサイアを愛好する仲間が一体となった。これをきっかけに今後、大合唱が実現する可能性もある。本山先生 フロット室内管弦楽団 企画に感謝申し上げます。

ホール「アルティ」当日リハーサルの舞台

プロフィール

nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ