2020.2.17「レント2021」


FavoriteLoadingお気に入りに追加

レント2021 とても冷たい風が吹いた。受難節(灰の水曜日)2021年2月17日 世界人口77億で信者は20億人ともされる。
イースター 4月4日 聖金曜日 4月2日 に向かい 慎み深く はじまった。

ローマ教皇「あまりに多くの言葉の暴力」や、ネットが増幅する「攻撃的で有害な言葉」。さらに「受難節はスマートフォンから離れて福音書に触れるべき期間」だと。
フランスでは、まきの火で「パンケーキを焼いて」作る伝統が残っている。AFP BBnewsより

しかし、地球の気候変動は著しい。世界各地で大地震が起きているが、気象変動も記録的。
チベット高気圧 12/29 1093.5hPa を記録。低気圧は、12/30-1/1 990hPaから936hPaに猛発達、さらに924hPaへ。
2/15-16 990hPa から944hPaへ猛発達し、日本海側に暴風雪、猛ふぶきをもたらした。外出が危険なレベル。
体調にはくれぐれもお気をつけください。

私なりのレントの過ごし方。「水」「塩」に気をつけること。削ぎ落すこと。特に言葉に気をつけること。

バッハのマタイ受難曲とヨハネ受難曲を聴く事。これは昨年、コロナ禍でのライブ。
ヨハネ受難曲BWV245 より 第35曲「わが心よ、涙の潮のなかに溶けて」・・・至高の方を讃えなさい。天地に向かい苦しみを語りなさい・・・主がお亡くなりになったのですから

“Zerfließe, mein Herze, in Fluten der Zähren”

from St John Passion BWV 245

プロフィール

nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ