フランク「前奏曲、コラールとフーガ」 


FavoriteLoadingお気に入りに追加

セザールフランク ベルギーで生まれフランスで活躍した作曲家。フランスとドイツの間
独特の音楽性を持って しかも オルガニストであった。

そのフランクが 晩年 40年ぶりに書いた ピアノ作品が この曲だった。オルガン的である。



(これは 清瀬市 みぎわ教会のオルガン ストップが多くあり 演奏性にも優れている)

フランクで 好まれている作品は 唯一の 「ヴァイオリンソナタ」とても 優雅で名曲に数えられている。

あとは、交響曲や 交響詩 オルガン曲など。コラール第3番は代表曲のひとつになっている。
「前奏曲 コラールと フーガ」も 代表的な作品で傑作である。

現代音楽を予見する如く、水の滴りのような音型。実は、リストとフランクは 相関性を持つ。
交響詩については リスト もしくは フランクに 共通点が見いだせる。
おそらく 作品を研究していたのだろうか。

前奏曲:アルペジオではじまる 「ファ# ミ ソ ファ# ラ」 「ソ ファ# ラ ソ シ」

franck_pre_cora_fuga_prel0

コラール:「ド ソ ラb ミb ファ ソ ド」
雰囲気をたたえる。途中 和音の段階的に下がっていくところがあり 感情的にも落ち着く。

franck_pre_cora_fuga_choral0

フーガ:「ミ ミ レ# レ レ ド# 」 半音階的
呼応する断片的でアルペジオも含まれる。最後は オクターブで 高揚していき最強音となる。

franck_pre_cora_fuga_f

アルペジオで 短音階で降りてくるところ
コラール:回帰する「シ ファ# ソ レ ミ ファ# シ」
切なく 感情に訴えるのだ。

franck_pre_cora_fuga_choral

コーダ:長調に転じ 「シ ファ# ソ# レ# ミ ファ# シ 」
水の湧き出す 瀧のように 上昇していき 締めくくられる。

franck_pre_cora_fuga_end



César Franck – Prelude, Chorale and Fugue

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ