フォーレ/ラシーヌ雅歌 ハルモニウム


FavoriteLoadingお気に入りに追加

フォーレ/ラシーヌ雅歌(がか)Cantique de Jean Racine 作品11

讃歌とも呼ばれているがそれはどうか。
雅歌とはカトリックにおける恋愛と男女の賛美を謳う。
イタリアの古代詩人アンブロジウス(339-397)の聖歌の詩を、フランスのラシーヌ(1639-99)が訳詞した。

フォーレが20歳の時、パリ ニデルメイエール音楽学校の卒業作品として教会音楽を作曲した。
エレジーとともに 青年期の傑作と評判が高い。ハルモニウム(リードオルガン)と混声四部合唱のための合唱曲。

Verbe, egal au Tres-Haut, notre unique esperance  いと高いところに神の栄光・・・

何と 安らかな響きなんだろう。C’est très touchant!

 



Fauré : “Cantique de Jean Racine” sous la direction de Sofi Jeannin

 



 

オルガンのみによる Hauptwerk

訳詞

Verbe égal au Très-Haut, notre unique espérance,
Jour éternel de la terre et des cieux,
De la paisible nuit nous rompons le silence:
Divin sauveur, jette sur nous les yeux.
Répands sur nous le feu de ta grâce puissante;
Que tout l’enfer fuie au son de ta voix;
Dissipe le sommeil d’une âme languissante
Qui la conduit à l’oubli de tes lois!
O Christ! sois favorable à ce peuple fidèle,
Pour te bénir maintenant rassemblé;
Reçois les chants qu’il offre à ta gloire immortelle,
Et de tes dons qu’il retourne comblé.

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ