フォーレ「夢のあとに」Après un rêve


FavoriteLoadingお気に入りに追加

フォーレ 3つの歌曲集作品7より第1曲「夢のあとに」Après un rêve
元は 声楽とピアノのために書かれた。

イタリアのトスカーナ地方に古くから伝わる詩を、フランスの詩人ロマン・ビュッシーヌ(Romain Bussine/1830-1899)が翻訳したもの。
これに曲をつけた。

そのメロディーの美しさが故に ヴァイオリンやチェロ用に編曲され こちらの方が注目されている。
(ピアノソロにも 編曲されているので 後述)

シネマのような恋は夢だった・・・あとには はかなさが残った。

君の姿に魅了され まどろみの中
燃え立つ幻のような幸福を私は夢見ていた
君の瞳はかくも優しく その声は澄み 響き渡る
君は光っていた あけぼのに輝く空のように

君は私を呼び 私は地上を離れ
一緒に光の方へと逃げ去っていった
空は私たちに雲を開き
そこにかいま見た未知なる輝き、神の閃光よ

ああ しかし 悲しき夢の目覚め
私は呼びかける おお夜よ おまえのいつわりを返しておくれ
再び戻り来れ 輝きよ
今一度帰り来れ おお 神秘なる夜よ

Après un rêve  Romain Bussine

Dans un sommeil que charmait ton image
Je rêvais le bonheur, ardent mirage,
Tes yeux étaient plus doux, ta voix pure et sonore,
Tu rayonnais comme un ciel éclairé par l’aurore;

Tu m’appelais et je quittais la terre
Pour m’enfuir avec toi vers la lumière,
Les cieux pour nous entr’ouvraient leurs nues,
Splendeurs inconnues, lueurs divines entrevues,

Hélas! Hélas! triste réveil des songes
Je t’appelle, ô nuit, rends moi tes mensonges,
Reviens, reviens radieuse,
Reviens ô nuit mystérieuse!

janine jansen ヴァイオリニスト





 

ピアノソロに編曲されているものがあるようだ。

一音 一音を 大切に弾くのはもちろん。その場面毎の音が必要だ。

ヴァイオリンとピアノのイメージがあり その響きをイメージしながら・・・





ピアノソロに編曲されたものだが エッセンスは失われていない。素晴らしい名曲。

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ