2019年4月20日「リラ・クラシック」(土)7:00~「スクリャービン」FM816 


FavoriteLoadingお気に入りに追加

リラ・クラシックは、クラシック音楽でリラックスする60分。ネットラジオ(PC) http://csra.fm/asx/hasimoto.asx スマホアプリ(TuneIn Radio)。 設定 http://816.fm/?page_id=71

【曲予定】スクリャービン「24の前奏曲」作品11から 幻想曲ロ短調作品28  練習曲嬰ハ短調作品42-5 ホロヴィッツ
ピアノソナタ第3番嬰ヘ短調「心理状態」作品23 交響曲第4番「法悦の詩」作品54 Le Poème de l’extase

ショパンを敬愛し作曲もはじめモスクワ音楽院に入学する。同級生はラフマニノフ。
繊細なピアニスムと左手のコサックとしての音型に特徴があり、演奏の難しい作品がある。
前期は、ショパンのような調性音楽で人気が高い。しかし、スクリャービンの本領は「神秘和音」などを使った独特の世界観。
幻想曲作品28、交響曲第2番作品29を終え、そしてピアノソナタ4番作品30以降からは神秘和音があらわれ調性のない音楽を描いてゆく。

交響曲第4番「法悦の詩」は、単一楽章の交響曲(交響詩?)で ハープ、チェレスタ、オルガンや弦楽4部を使用した大規模な作品。最後をみてほしい。



Scriabin: The Poem of Ecstasy / Salonen · The Philharmonia Orchestra



Tsotne Tsotskhalashvili plays Scriabin Sonata No.1 in F minor Op. 6



小山実稚恵のスクリャービン

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ