2/1(日)14時 「 ジョジョクラシック」スクリャービン


FavoriteLoadingお気に入りに追加

ジョジョクラシックは、クラシック音楽でリラックスできる60分。FMはしもと
ネットラジオはこちらをクリック(PC) http://csra.fm/asx/hasimoto.asx
番組へのリクエスト・メッセージ http://816.fm/?page_id=18

【曲予定】交響曲「法悦の詩」 ピアノ協奏曲嬰ヘ短調 練習曲作品42-5 作品8-12

【ピックアップ】ロシアの作曲家、ピアニスト。84年からズヴェーレフの音楽寄宿学校でラフマニノフらと共に学び、翌年からモスクワ音楽院の院長タネーエフに理論や作曲を学ぶ。

モスクワ音楽院(88年入学)ではピアノをサフォーノフ、理論や作曲をタネーエフやアレンスキーに学び、卒業(92年)と同時にコンサート・ピアニストとしての活動を開始。94年にパトロンのベリャーエフに出会う。彼はスクリャービンの創作や演奏活動を支援。
98年からモスクワ音楽院でピアノを教え、1902年頃から哲学や神秘思想への傾倒を深め、、《ピアノソナタ第4番》や《交響曲第3番》「神聖な詩」を作曲。

練習曲作品8-12 オクターヴと跳躍音程の織り交ぜ、和音の連打等、複雑な見かけをしている練習曲。ショパンの作品10-12(革命)の練習曲との類似が指摘されている。再現部では、オクターヴのメロディーに両手の和音の連打が伴われる。なお、この曲は、スクリャービン自身が大変好んで演奏したと言われている。



エサ=ペッカ・サロネン指揮 フィルハーモニア管弦楽団 スクリャービン 法悦の詩
Scriabin: The Poem of Ecstasy / Salonen



スクリャービン ピアノ協奏曲嬰ヘ短調作品20
Scriabin Piano Concerto in F-sharp minor, Op. 20. Owen Zhou, piano

次回は2月8日(日)です。

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ

54 thoughts on “2/1(日)14時 「 ジョジョクラシック」スクリャービン

コメントを残す