2019.7.27「ぞうれっしゃがやってきた」出演の事


FavoriteLoadingお気に入りに追加

2019.7.27「ぞうれっしゃがやってきた」出演の事

「堺平和の戦争展2019」

昨年に続き2回目の出演。前回とは 違う気持ちで取り組みました。
今年は ぞうれっしゃ70周年記念プロジェクトの年。全国さまざまな地域でぞうれっしゃが聴かれることでしょう。
また 新たに合唱団が組成され 演奏会も開催されています。

合唱構成「ぞうれっしゃがやってきた」
原作 小出隆司 作詞 清水則雄 作曲 藤村記一郎
全11曲 + 描き下ろしされた3曲 (※ 一部 抜粋のところがあります)

堺ぞうれっしゃ合唱団(混声合唱 + 子ども園の子どもたち)ピアノ 中島優美 フルート 花室知佐 アコーディオン 西辻善則 指揮 小池哲夫

やりきったと思います。短い期間でしたが ソリスト、合唱団、チームで成し遂げられるプロジェクト 参加できたことに感謝です。

ぞうは 動物園のシンボル。戦前 たくさんいた動物が、軍の命令により殺された。ゾウも例外ではない。上野動物園では ジョン、トンキー、ワンリー(花子)が餓死した。
国内に残ったぞうは2頭。東山動物園では4頭いたが2頭生きた。東山動物園は 司令軍の本部がおかれ 若干の食糧庫が備えられた。軍の命令が下され、熊やライオンは銃殺、トラは毒殺された。4頭のぞうは 衰弱していった。食糧庫から だまって餌をあげていたという。2頭 マカニー エルドは貴重な存在。戦争を生き抜いたのだ。

戦後 動物園には 紙のぞうの絵が風に揺れていた・・・
東京、彦根のこどもたちがぞうをみたいと 名古屋に向け特別列車が走った。これが「ぞうれっしゃ」
子どもたちの夢をのせて。

 


プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ