ブラームス ピアノソナタ第3番ヘ短調作品5

LINEで送る
[`evernote` not found]

FavoriteLoadingお気に入りに追加

ブラームスは ピアノソナタを3曲つくっているが いずれも青年の頃。シューマンとの出逢いは 彼の人生を大きく変えた。音楽評論に 紹介されたのが ブラームス。シューマンの家に招かれ クララと出会う。

ブラームスの作品には 「ラプソディ」 「インテルメッツォ」などの 性格小品が 世界をつくっている。

img_0

このピアノソナタは作品5 交響曲を意識して書かれていると言ってもいいだろう。ソナタ形式の 1番 2番 より 成長した構成をとっている。全5楽章からなる。

ブラームスの作品は 低音部がカギである。そして重音と拡張があり 体力を要する。がっしりとした音の厚みが特徴。ブラームスは ピアノ以外には、唯一コントラバスを弾いていた。



まず 1楽章 構成は A コラール A’
ベートーヴェンのような 冒頭の勇壮な和音。運命の動機のような3連符が印象づけている。

br_5-1

 

br_5-3

 

br_5-1-8

第2楽章 変イ長調 おだやかなコラール調 による変奏的な性格を持つ
br_5-2-1

br_5-2-4

この部分から 熱くなり ブラームスの情熱がこもっている。夕陽をみて 寄り添う 二人のよう・・・

br_5-2-5

br_5-2-6

第3楽章 ラプソディー アパッショナート バスの一拍目は重く。
対比は コラール ピアノの低音 高音を有効に活用した響きはブラームスならでは。
br_5-3-1

br_5-3-3

第4楽章 インテルメッツォ 間奏曲 運命の動機の 3連音符が印象的な 問いかけ ベートーヴェン的である。
br_5-4-1

br_5-4-2

第5楽章 フィナーレ 弱起からはじまる 動機 序奏的にも思われる。中間部には「讃歌」がうたわれる。再現 変奏し コーダに入っていく 動きをもって ここでは中音と高音を巧みに使う。
動機を主体にしていることから 音楽がわかりやすい。若いころの作品の特長。

br_5-5-1

br_5-5-3

 

br_5-5-6 br_5-5-8

最後は 低音と高音を効果的に 1楽章の動機が現れ 想起する。

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ
LINEで送る
[`evernote` not found]