戦場のピアニスト「THE PIANIST」


FavoriteLoadingお気に入りに追加

映画「戦場のピアニスト」フランス・ドイツ・ポーランド・イギリスの合作映画。

第2次世界大戦中 ポーランドのピアニスト シュピルマンは被災し、生活に困るほど疲弊していた。ユダヤ人ホロコーストの果て、生き残る事が難しかった世の中。
彼は、何とか生きながらえた。

破壊されたがれきの中で生活をしていたがドイツ軍将校に見つかってしまう。銃殺されるかと思った。彼はポーランドの誇り「ノクターン」を弾いたと言われている【原作】。(映画では、バラード第1番を弾いている。)感銘を受けた将校は彼を支援した。

エンディングで、彼は「アンダンテ・スピアナートと華麗な大ポロネーズ」を演奏。ホロコーストの中で人生を歩んだ一人のピアニストの物語である・・・

The Pianist – Grande Polonaise Brillante In E-flat Major, Op. 22

プロフィール

nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ