スクリャービン 練習曲嬰ニ短調op.8-12


FavoriteLoadingお気に入りに追加

スクリャービン 練習曲嬰ニ短調op.8-12

スクリャービンといえば 神秘和音。増音程を重ねて「法悦の詩」を作った。
初期の ピアノ協奏曲嬰へ長調は 神秘和音を使っていない作品で ショパン的で壮麗。
1楽章の大地の哀しみ 2楽章 ロシアの自然 詩的 3楽章 ロシアの舞曲 自然の壮大さ が伝わっていると解釈している。

ピアノソナタも「白ミサ」あたり 変わってきているが ロマン派 国民音楽派 の流れをくんでいると思う。

練習曲嬰ニ短調8-12は 「悲愴」ともいわれ、ロシア帝国の栄華 哀しみを表しているとの事。

ウラディーミル ホロヴィッツが好んでアンコールで弾いた。そして スクリャービン自らもよく弾いたという。すごい迫力。

ところで 左手の1オクターブ4度という音程がでてきて 手の小さい人は演奏が大変かもしれないが そこはテクニックで。





Maria Lettberg performs an Etude Op. 8 No. 12 by Scriabin (alternate version) マリア・レットベリ
論文は「スクリャービンについて」評価を得た。スクリャービンのよき解釈者として 全集を出している。



私は、この曲を手の大きくないピアノの先生が練習しているのを聴いて驚いた。スクリャービンの曲を演奏するのは
「難易度」ではなく、弾く技量があるかどうかが一目瞭然。練習に耐えられるという意味もある。
ドラマチックな調性で音型は、スクリャービンの練習曲の中ではまだ弾きやすい部類に入る。



中間部 右手オクターブと左手の一拍目のオクターブが劇的な和声を醸し出している。
フォルテッシモが出てくるが クライマックスは最終の方にあるので セーブして。



コーダの左手の激情のオクターブの内声として表現したい。軟弱では、すまされない。音楽を伝える情熱がパワーとなりこの曲を生み出したのだから。
スクリャービンは、詩的な早いパッセージの組み合わせの曲想も結構あるのに。
この曲は徹底した「オクターブ」がっしりとした「和音」が積み重なる。その背景を感じとってほしい曲なのである。

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ

コメントを残す