幻想曲 作品28 スクリャービン

LINEで送る
[`evernote` not found]

FavoriteLoadingお気に入りに追加

スクリャービン 1872-1915 ショパン 1810-1849 とは違う時代に生まれた。
この作品28のファンタジーロ短調  ショパンの幻想曲ヘ短調をどう受け止めたのだろう。

ピアノソナタ第3番と 第4番の間につくられた性格的小品、単一楽章の作品。唯一のピアノ協奏曲 嬰ヘ長調作品18 の後の作品。ピアノ協奏曲を書き 形式に沿った作品を書いていたが あふれる詩情からは 自由な形式への憧憬をのぞかせる。

和声を築きながら さらに 左手の動機を 盛り込み 世界をつくっている。このダイナミックな 重音のところ と 美しいメロディ部分の対比が絶妙。

ベートーヴェンは 最後のピアノソナタ32番 第2楽章 ハ長調 の変奏曲 で ファンタジーを表現した。ひとつのテーマを変奏するスタイルで 深く掘り下げていった。調性こそ違うが 何かを感じる。

ラフマニノフのピアノソナタ2番第3楽章に 比肩する作品だと私は思う。
ラフマニノフとスクリャービンはライバルで モスクワ音楽院で しのぎを削った 盟友。

演奏するにも パッションが必要。
長調の 朗々と歌われる息の長い旋律は 憧れと飛翔 対照的に

短調は 情緒豊かで 情熱的に さらに 感情を爆発させているところ ファンタジー。

google-co-jp-51wqseta%2bil-_ac_ul320_sr318320_

 



28-1
3連符 5連符 がリズムの特徴

28-3
朗々とうたわれるメロディーは美しい。憧れと飛翔をもって。

28-4
重音の連続と 左手のリズムが強調され 爆発、増幅される。ロシアの焔は燃えている

28-8
壮大に ファンタジーが締めくくられる。

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ
LINEで送る
[`evernote` not found]