「八ヶ岳リードオルガン美術館」3月21日(祝)レポート【動画あり】Bach in the Subways2019 


FavoriteLoadingお気に入りに追加

#bachinthesubways2019
2019年3月21日(祝)14:00「八ヶ岳リードオルガン美術館」Bach in the Subways2019

音楽の父「バッハ」の生誕日(1685/3/21~1750/7/28)334年目
Bach in the Subways2019 は 3月21日(祝)22日(金)23日(土)24日(日)の4日間 世界中でバッハの音楽がリレーされる。
プロアマの有志が奏でる 生の音楽の感動に触れる機会を通し、バッハへの思いを託し、クラシック音楽の再興を願う。

2010年3月21日、ニューヨークの地下鉄の駅でチェロ奏者のデール・ヘンダーソンが無伴奏チェロ組曲を弾き始めた。彼は、チップを受け取らなかった。
2015年3月21日、日本に初上陸、世界で一番最初に開催された高野山霊宝館「迎賓館」をはじめ メイン会場 表参道ヒルズなど25か所300人以上が参画
し バッハの音楽に酔いしれた。今回が5回目のシリーズとなります。

公式サイト(日本語):https://bachinthesubways.org/?lang=ja
フェイスブックページ(米国)https://www.facebook.com/BachInTheSubways
フェイスブックジャパンページ(日本語)https://www.facebook.com/BachInTheSubwaysJapan/
ハッシュタグ #bachinthesubways2019

この催事には、北杜市、日本リードオルガン協会、八ヶ岳ミュージアム協議会、FM八ヶ岳、そして、一般社団法人「クラシックを聴こう」協会の後援を受け
地域の方にも関わっていただけ感謝申し上げます。

【3月22日更新】こちらのページに 新たな画像や動画などを更新してまいります。
【3月27日更新】演奏参画者の画像を更新(プログラム・場面ごとに)
【4月2日更新】西辻善則(パイプオルガン)「狩りのカンタータ」BWV208より「羊は安らかに草を食み」動画 更新


Accordion Yoshinori Nishitsuji “Gavotte en Rondeau”for Violin Solo 更新


 

 



ぜひ 一度 足をお運びください。


演奏参画者の全員集合写真



司会 上野目美穂里

プログラム

1 無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007より「前奏曲」

原規之(リードオルガン)



2-A 8つの小プレリュードとフーガ第3番ホ短調BWV555

B 8つの小プレリュードとフーガ第7番イ短調BWV559

C オルガン小曲集「われら悩みの極みにありて」BWV641

岩瀬裕夏(パイプオルガン)



 

3-A マタイ受難曲BWV244よりコラール「血しおしたたる」~「世を去らん」

B 無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番ホ長調BWV1006より「ガヴォット」



C カンタータ第208番「狩りのカンタータ」より「羊は安らかに草を食み」

西辻善則(アコーディオン、パイプオルガン)



4-A イタリア協奏曲ヘ長調BWV971より第1楽章

B 平均律クラヴィア曲集第1巻第1番ハ長調「前奏曲」BWV846

C イタリア協奏曲ヘ長調BWV971より第3楽章

Shunn(ピアノ)



5-A Bist du bei mir 「あなたがそばにいてくだされば」BWV508

B Ave Maria 「アヴェ・マリア」BWV846

上野目美穂里(ソプラノ)原規之(リードオルガン)



6-A Coffee cantata no.4 「おしゃべりはやめて、お静かに」BWV211

市橋なぎさ(ソプラノ)下川れいこ(リードオルガン)



B カンタータ第168番より第1曲「務めの報告をいだせ!と轟く雷の言葉」

上野目泰之(バス)下川れいこ(リードオルガン)



C カンタータ第140番より第3曲「目覚めよと、われらに呼ばわる物見らの声」

市橋なぎさ(ソプラノ)上野目泰之(バス)下川れいこ(リードオルガン)



7 【フィナーレ】カンタータ第147番「心と口と行いと命」よりコラール「主よ人の望みの喜びよ」

市橋なぎさ(ソプラノ)上野目美穂里(アルト)Shunn(テナー)上野目泰之(バス)西辻善則 岩瀬裕夏(パイプオルガン)下川れいこ(リードオルガン)

原規之(指揮)



進行・企画 西辻善則


たくさんのお客さまにお越しいただき 八ヶ岳でバッハがよく聴かれた日になった事でしょう。立見席をご用意いたしました。


それぞれのバッハへのアプローチが共有された。バッハの曲を弾くにあたり 新しい発見があった。それは、親しみやすい曲が溢れていること。バッハは旧約聖書(バイブル)だと。Bach in the Subways でバッハの曲を演奏する機会を得た事は、世界中のバッハ参画者と 同じ時間を共にする。

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ

コメントを残す