ロシアから白鳥(ハクチョウ)飛来


FavoriteLoadingお気に入りに追加

ハクチョウが飛来するのは 12月中旬から1月初旬。昨年は12月25日頃 白い空のもと ハクチョウをみた。確か 雪が降ったと思う。

今年は 10日以上早いです。ロシアからやってくるには 北風が影響していると思います。
鳥は風にのって飛ぶ。そして 風向きが向い風がどうか 判断できるはず。太陽の方向も 夜は南天の北斗七星の方向も知っているとのこと。羽をやすめ 風向きなどをよみ 飛びたてるときを待つ。

先日 暴風雨がありました。市内から40km離れたところで。低気圧が猛烈に発達し強風がふいた。
そういったところには、鳥が少ない。風にまぎれて 違う地に降りたつこともある。
川は 案外風が弱い。ハクチョウは そこに水があることも餌があることも知っている。
小さな沼にはいかない。群だって行動するには それなりの広さが必要なので 川でよい場所を求めることになるのだと。

発見地 私の地域は 風がとまっています。風が吹かないと鳥は飛びにくい。降り立った場所は 数日前 砂防のため 車が掘削したところでした。川底がえぐられていますので 底の生物が川に溢れているのでしょう。川の流れが湾曲して流れがゆるいところでいます。餌が探しやすいのかもしれません。しばらくの間 ずっといたと思います。

毎年 ハクチョウをみます。2000kmも離れたところから 飛んできてくれてありがとう。

images

流れの浅いところ 婉曲して ゆるくなっているところ を知っているのでしょう。

IMG_20131210_152256tr640

 

 

プロフィール

nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)