年別: 2019年

2019.6.16「ぞうれっしゃ70年」プロジェクト


2019.6.16「ぞうれっしゃ70年」プロジェクト

「ぞうれっしゃ70周年」記念として 全国的に展開されるプロジェクト。「ぞうれっしゃ5000」プロジェクトとして拡大。
2019年は チェコでの演奏 韓国での演奏など 海外と共有し 広がっている。
全国各地で開催。(他にも関連イベントがあると思います)

6月からは 多くのイベントが。
6月16日(日) 名古屋市動物園でのシンポジウム。また、各地の演奏会や交流会プログラムに注目です。

関わりについて

2018年 堺ぞうれっしゃ合唱団に アコーディオンソリストとして。6月、名古屋市動物園へ取材でうかがいました。
7月22日 堺・泉北うたの広場2018 7月28日 堺平和のための戦争展2018 9月1日 ピースライブ2018 と 出演させていただいた。
合唱構成「ぞうれっしゃがやってきた」は、全11曲からなる組曲【音楽劇】で、子ども(年長あたり)の歌声や台詞が感動。
ストーリがわかりやすく 誰でも親しめる。また 合唱隊として 大人が参加し 子どもたちと合わさるエネルギーは、
他の合唱曲とまた違い「ぞう」を通して 大きなメッセージを届ける。70年の節目の年、ぞうれっしゃ最新版ができました。
新曲を含め披露できることが大きな楽しみです。コンサート、ワークショップ、講演会、合唱隊に関心のある方は それぞれの窓口にお問い合わせください。

2019年 7月21日 堺・泉北うたの広場2019 7月27日 堺平和のための戦争展2019 8月11日 ピースライブ2019 に出演します。

























 

6月16日のプロジェクトです。

 






「石上の地」と七支刀【国宝】1650年


「石上の地」と七支刀【国宝】1650年

大和国山辺郡 石上坐布留御魂神社 日本最古の歴史書、和銅5年(712年)太安万侶が編纂した「古事記」に記述が。また『日本書紀』にある「神宮」は出雲大社と石上神宮と伊勢神宮のみであり、日本最古の古社。布留山(標高266m)の北を布留川が流れる。三輪神社と同じ時代にあったとされ、本殿がなく御本地を拝む。御本地は祭神(布都御魂剣)が埋斎されている高庭式の瑞垣で四方を囲む「禁則地」(44.5m×29.5m 1300平方メートル)。初代神武天皇が東征時、国土平定を願い天剣(布都御魂剣)を携えた。崇神天皇7年(西暦257年?)物部氏の祖、伊香色雄命の勅命により韴霊(ふつのみたま)・天璽十種瑞宝(あまつしるしとくさのみづのたから)・天十握剣(あめのとつかのつるぎ)を石上邑に遷し、 奏祀したのがはじまり。祭神は、布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ)他、摂社・末社を祀る。十種瑞宝とは、沖津鏡(おきつかがみ)辺津鏡(へつかがみ)八握剣(やつかのつるぎ)生玉(いくたま)死返玉(まかるかへしのたま)足玉(たるたま)道返玉(ちかへしのたま)蛇比礼(おろちのひれ)蜂比礼(はちのひれ)品物之比礼(くさぐさのもののひれ)。物部氏の先祖である饒速日命が天津神より与えられた神宝で、死者を蘇らせる力があるとされている。

明治7年(1874)発掘したところ、伝承通り神剣「布都御魂剣」が出土。勾玉、菅玉、銅鏡【重要文化財】他が多数出土し、特に神功皇后の時代、百済から贈られた「七支刀」【国宝】(369年)は有名。大正2年(1913)、本殿が新たに拝殿奥の内陣に造営され祀られた。物部氏の総氏神であり、大和朝廷の武器庫であった。社名の「石上」は物部氏が改姓したもの。

拝殿【国宝】白河天皇が、鎮魂祭用の社殿として、永保元年(1081)に宮中三殿のひとつ神嘉殿(しんかでん)を拝殿として寄進した。
楼門【重要文化財】鎌倉時代末期、第96代後醍醐(ごだいご)天皇の文保2年(1318)に建立。鐘楼は当初あったが、明治時代の「神仏分離令」により除かれ売却。
摂末社「出雲建雄神社」(いずもたけおじんじゃ)【国宝】楼門から参道をはさんだ南側の高台にある。草薙剣(くさなぎのつるぎ)の荒魂(あらみたま)である 出雲建雄神(いずもたけおのかみ)を祀る。

摂社 天神社・七座社

末社 猿田彦神社 神田神社

境外末社 恵比須神社



【国宝】七支刀 全長74.8㎝ 枝刃の形状が特徴である。神功皇后の時代(369年)東晋でつくられたか百済から倭の国へ贈られたもの。
記紀の分析から、絶対年代が確定している日本最古の史料とされている。

================================================================================

鳥居をくぐり 神域に入ると 風がふいた。参道の森は新緑が明るかった。
東天紅鶏・烏骨鶏などつかいの鶏がお迎え。烏も時々、飛んできていた。

楼門が立派なつくり。門をくぐり拝殿へ。何とも 檜皮葺造りの 古いお社。
一般は 拝殿の前まで。この奥に本殿と禁則地がある。

楼門をぬけ、石段の高いところにある社殿 出雲建雄神社 天神社・七座社 へ。
七座社の檜皮葺に感銘。古くから大切に祀られお社。

大杉がみえた。さらに その先は つまり 本殿の裏側 御本地「禁則地」の前へ。
気が漂っていて 誘われるようにその地に歩んで。

そして 訪れたこの日(5月16日)は、奇しくも「1650年」か。

七支刀にある銘文「泰□四年(369年)夏の中月なる5月、最も夏なる日の16日、火徳の盛んな丙午の日の正午の刻に、百度鍛えた鋼の七支刀を造る。・・・」
当時の刀は晋・百済を探しても出土せず、日本史上最も古い年代の確定する史料。



















七座社の檜皮葺




新緑の頃「鹿華苑」


新緑の頃「鹿華苑」

個人のお宅の庭園 標高500mにある里山 ミズバショウが咲く事から 高山の気候
私の嬉しい事に コメツガがみられた。

シャガ フジ ミズバショウ オオデマリ シャクナゲ ツツジ カザグルマ

クリンソウの群落が本当にきれい。





オオデマリ





ツツジ



カザグルマ


フジ




ミズバショウ 大きな葉に成長している(※葉に注意)



クリンソウの群落がきれい



コメツガがみられた・・・


枚岡の地


  • 枚岡(ひらおか)の地
以前から訪れたい処だった。5月のさわやかな新緑に包まれる。急に蒸し暑くなり小さな虫が視界を遮るが、境内は厳かな時間を頂きお参りができた。
これも令和元年を迎え、御代を寿ぐ事から。

河内国「一之宮」枚岡神社の事 「元春日」 御紋は「下がり藤」天皇におつかえした中臣氏【藤原氏】の事です。
皇紀前3年(紀元前657年) 初代神武天皇が天皇に即位される3年前に創祀。参道に「皇孫輔弼」。遥拝所があるが、奥宮は社務所から2.4㎞(約40分)の「神津嶽(かみつだけ)」。天孫輔弼の使命を持つアメノコヤネノミコトと妃神のヒメミカミをお祀りすることで、皇室の繁栄や国土平定を願ったのが枚岡神社の始まりで「神事宗源」の文字が。鳥居の注連縄(しめなわ)は『揚巻結び(あげまきむすび)』二の鳥居には石つくりの楯が向かい合わせに立つ。斎主大神(いわいぬし)が祀られ「鋭い剣で切り裂く」のだ。
狛犬でなく「なで鹿」がある。「夏見川」の流れる橋を渡ると、右手に瀧がみえ禊場がある。

摂社 若宮社 すがすがしい空気 奥には 出雲井があり 枯れることなく湧水が。
遥拝所(ようはいじょ)榊の木を通して、宮中の皇霊殿(春分・秋分の日)、伊勢神宮(神嘗祭)、橿原神宮(紀元祭)、奥宮「神津嶽本宮」を遥拝する所
一段高いところに 末社「天神地祇神社」があり十九の神が。天津神・国津神が祀られている。石段を登るたびに 気持ちが高揚した。

難波宮の東(鬼門)を守護するためだという。難波宮(大阪市中央区法円坂)から東方に枚岡神宮があり、その東方に春日大社がある。
これらは「レイライン」と呼ばれ一定の法則に一致するとみられる。

創祀について

神武天皇御東征の砌浪速から大和に進み給はむとす
その時 天種子命 勅命を奉じ生駒山西方の霊地
神津嶽の頂上に一大磐境を設け
国土平定祈願のため天児屋根大神 比売大神の二神を奉祀す
ときに神武天皇即位紀元前3年
即ち枚岡神社の起源なり。
その後孝徳天皇白雉元年神津嶽の霊地より
現社地に社殿を造り奉遷す
















19.08.25第15回「軽井沢国際合唱フェスティバル」


19.08.25 第15回「軽井沢国際合唱フェスティバル」

軽井沢大賀ホール メイン会場他

15回記念。国際的な合唱フェスティバルとして知られる。ワークショップ、講演会など 学びと交流が集結。

前回うかがいましたが 盛況でした。歌の力を感じます。

 



軽井沢 大賀ホール メイン会場


軽井沢駅 ステンドグラス



軽井沢ユニオン教会 (旧テニスクラブハウス) 軽井沢会テニスクラブ ここで 上皇陛下、上皇皇后陛下が出逢われたところ。




19.06.15公開録音「うたごえ喫茶」観覧のお知らせ


19.06.15(土)15:30 公開録音「うたごえ喫茶」観覧のお知らせ

「マコルネのおきがるたいむ」公開放送。

15:15開場 FMはしもとホール(東家4-11-4)入場無料(30名限定)※駐車場はありませんので ご了承願います。
アコーディオン 5台による うたごえ喫茶風 懐かしい 童謡・唱歌 昭和歌謡 懐メロ 歌謡曲 など お楽しみください。(簡単な歌詞カードをつくります)

曲目一覧:夏の曲 など
この公開録音は 6月27日(木)13時からの「マコルネのおきがるたいむ」で放送します。

ネットラジオ(pc)http://816.fm/816hp.asx スマホアプリ TuneIn Radio 設定http://816.fm/?page_id=71




2019.5.19「ジャコバン国際ピアノ音楽祭2019in岐阜」


2019.5.19(日)「ジャコバン国際ピアノ音楽祭2019in岐阜」

音楽と食の祭典 昨年もうかがいましたが 盛況です。楽しみですね。

企画が一日に凝縮。だれでもピアノを楽しめる音楽祭となっています。
もちろん 食の方もお忘れなく(笑)

日本では音楽を聴きながら食べるというのは なかなか難しく チャージライブでも
ディナーの場合だと 合間に音楽を聴く感じで 食をしっかり嗜む。

また、音楽を少しメインにとらえる時は、軽食をつなみながら 音楽を聴いたり
立食パーティーにしたり そのコーディネイトはさまざまです。

いずれにしても 音楽と食のコラボレーションを楽しむ。
大野町の花が見事です。音楽を聴く環境として お花のあるところは
よいですね。













 


2019.5.13(月)市ボランティア連絡協議会


2019.5.13(月)市ボランティア連絡協議会

毎年4月中旬から5月にかけては 動きがある。所属組織の総会、役員改選などがあるから。
市のボランティア連絡協議会(社会福祉協議会内組織)の副会長をおおせつかっている。
市の社会福祉協議会のボランティア連絡協議会は県の組織と連携をしていて、さらに全国社会福祉協議会(全社協)との連携をしている。

本日は 総会があった。今年は、改選の年ではない。三役、理事に大きな変化はない。
市ボランティア連絡協議会の副会長と理事をつとめる。来年は改選。
組織は 会長 副会長 監事 理事22名 のなかで役割を担う。

これは 年に一度主催する第22回「ボランティア体験フェア」のもよう。市長が臨席し、1000人が集うビッグイベントに成長しました。
オープニングは高校の邦楽部の演奏、クロージングは私たちアコーディオンの演奏です。

 




2019.8.11(日)PeaseLive 2019


2019.8.11(日)13:30~16:30 PeaseLive 2019 ピースライブ

みみはらホール 大阪府堺市堺区 協和町4丁465
http://www.mimihara.or.jp/sogo/hospital/access/

「堺平和の戦争展」 アフター企画 こちらに出演予定です。

前回は「ぞうれっしゃ合唱団」アコーディオンで出演しました。
メインイベント「堺平和の戦争展」のフルバージョン体制とまではいかなかったものの。
エッセンスを凝縮した内容 女声合唱もよく響きました。

また、クロージングで全員セッションしました。



ぞうれっしゃ合唱団で