1995.1.17阪神淡路大震災と1995.3.20地下鉄サリン事件


FavoriteLoadingお気に入りに追加

思い出してしまう・・・

22年たったのかという思いだ。1995年はいろいろあった。阪神大震災が1月17日 5時46分 M7.3があり 3月20日にサリン事件 運命が明暗をわける~

阪神淡路大震災の時は東京大田区にいた。東京では震度3くらいだったと思う。阪神大震災という名称は 関西の人からすると微妙な表現。6434名の尊い命が失われた。
その日は 3連休明けの火曜日 遅くまでおきていたが 何故か眠れない。朝方まで うつらうつらしていたら 地震が永い時間ぐらぐらとしていた。関東の地震は 時々震度3位はあるのだが 時間が永く 横揺れがひどかった。NHKの宮田アナウンサーが 地震の情報を 何時間も担当していた。鮮烈に覚えている。

阪神地域とは狭義で(大阪全般の意味でなく)兵庫県尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、川西市、宝塚市、三田市、大阪市西淀川区 神戸市東灘区・灘区 のこと。現に尼崎市は兵庫県だが大阪市内局番 06です。一番被害が大きいのは 神戸市垂水・長田・中央・灘・東灘区 芦屋・尼崎・西宮市 の阪神・JR線沿いが中心で 大阪は被害が少なかった。阪急の西宮北口から神戸方面は線路が破損したので使えなかった。阪神新在家駅は破壊され駅舎自体が陥没していた。JR長田駅は火災が酷く駅自体がなかった。阪神高速湾岸線は 高架の高速道路が倒壊していた。

 

東京から神戸へ転勤した大切な友人がいたので 連絡を至急とった。当時 携帯電話も持っている人が少なかった。携帯はつながらず 公衆電話で安否を確認した。見舞いに行こうと思っていた。そのうち内示が2月末おり、浜松へ転勤となった。東京大田区の自宅はそのまま。5月連休に 六甲の友人を見舞った。

1995年3月20日、地下鉄サリン事件。ちょうど、寮を出て出勤中の車でこの惨事を聞いた。上司は日吉から東横線直通中目黒経由北千住行きに乗っていた。同僚には、地下鉄丸ノ内線に乗っていたものもいる。気になり、東京の上司に電話。東横線多摩川園で停車しているよ。爆発事件が起きたということで 足止めくらっているとのこと。結局その日の仕事はキャンセルしたという。週末自宅に帰り、築地駅に行った。聖路加記念病院の献身的な医療体制は、忘れてはならない。
消毒の匂いがすごかったこと、花が手向けられていたことが忘れられない。

二度と繰り返されないことを祈っている。

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ

コメントを残す