シューベルト/ピアノソナタ第20番 イ長調 D 959(遺作)


FavoriteLoadingお気に入りに追加

ピアノソナタ第20番 イ長調 D 959(遺作)

シューベルト(1797年~1828年)の晩年の1828年の作品。不死鳥の如くあらわれた 3つのピアノソナタ。
実は、ベートーヴェンが1827年3月に亡くなったとき、シューベルトは変わった言葉を口に出していた。
まさか 本当に 自分にふりかかるとは。

シューマンが シューベルトの兄を通じて 遺稿の整理にあたっていた時
交響曲などの楽譜が発見された。交響曲第9番ハ長調「ザ・グレイト」(現在は 8番?)はその一つ。長大な作品とされた。
ベートーヴェンの第九よりは短いが。その曲想の息の長さが そう捉えられた。

そして、ピアノソナタ3部作もそう(遺作)。死後10年経った1838年に出版された。
これが 自筆譜。ソナタ第20番イ長調D959 第2楽章の冒頭。

シューベルトは 最後の年の1月から9月までに 大作を完成させている。ピアノトリオなども。
2台のための幻想曲へ短調D940 や 3つの小品(即興曲風)などがあるが あまり演奏されることはない。
完成しているものだけでも 演奏時間は10時間を超える。

シューベルトは22番のソナタを書いたであろうか。そう考えると この3部作は 大きな意味を持つ。
ピアノソナタは 19番 30分 20番 40分 21番 45分。

速筆・・・ この筆致から 何を読み取るのだろう。



ピアノソナタ第20番 イ長調



 

Alfred Brendel – Schubert – Piano Sonata No 22 in A major, D 959

 



第1楽章 2分の2 イ長調 新しい響きを発見した。ユニゾンは 落着きを取り戻している。



それと裏腹に半音階的な和音は、厳つい不思議なものを提示する。



中間部 機関車の走行のような動機 1814年ごろにスチーブンソンがイギリスで蒸気機関車を走行させている。
いずれも音に関係したものであるから。



第2楽章 8分の3 嬰へ短調 「さすらい人のうた」終止短調で ほんの少しだけ抜け出せたかなという箇所が存在する。
シューベルトの彷徨う姿。人は、なぜに孤独なのだろう。

こう考えることもできる。人は生まれる時は 場所を選べないが 死ぬ時は 選べる。
死に方を知らないから 生きながらえている。それは 寿命と呼べるものなのであろうか。
先人に私たちは生きている間は逢うことができない。が 肉体が死んだ時、あの人のもとにいける。
魂はずっと生きている。そうでなければ 人間に意味などないのだから。



浮遊するシューベルト。淡々と歩みゆく。その道は 突然 開けるが 「夢」の中である。



不安定な調性。幻想曲風。トリルあたりから 徐々に激しさが加わってくる。



シューベルトが 熱にうなされていて悪魔的なものが表出した。インフェクション(感染)するのではと恐れられる部分。
激しさ。何に対してなのか。吐露を感じる・・・

文学家 プリーモ・レーヴィは ナチス収容所から奇跡的に生還できた。殺戮を目のあたりにし、その人の分までも生きながらえる事が彼の使命。
ナチス収容所の残酷さを伝える文学を多く書く。しかし、突然 自分で命を絶った。
生に対して肯定的であった彼。残酷さを描くためには心を鬼にしなければならない。
悪の心を抱いたのか、発作的に死を選んでしまった。

死の6か月前、生前葬を行ったK社長は、会に集まった千人に一人一人と握手をし「ありがとう」と言った。ある意味 勇気の要る事だけれども。
彼は花道を築いたのだった。人は生きている時にしか共感しあえない。
それは体験というもので、甘い、酸いなどの感情だけでなく人としての意識、霊的な無意識も遺るもの。

最後のソナタ第21番の第2楽章は さすらい、微笑みうかべ旅立ってしまう。瑞々しいシューベルト。
それと比べると20番の第2楽章は 長調を表せない。叫びがあり、そして慰めがそこにある。



第3楽章 4分の3 イ長調 ピアノソナタのスケルツォというより、ピアノトリオを想起する活発な動き。



第4楽章 4分の4 ロンド イ長調 愛らしい主題を変奏してゆく。歌心が溢れている。

このあと 彼は21番で これまでをふりかえり 20番での展開もふくめ 音の言葉をあらわした。

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ