2020.3.21(土)15:00「摂津響Saal 」バッハ・イン・ザ・サブウェイズ2020


FavoriteLoadingお気に入りに追加

2020年3月21日(土)15:00(14時30分 開場)「摂津響Saal 」(ザール)バッハ・イン・ザ・サブウェイズ2020 #bachinthesubways2020
入場無料 演奏:摂津響Saal合唱団 指揮 山本昌代 ピアノ 山口美樹子

D 2020年3月21日(土)高槻 摂津響Saal 15:00 開演  http://settsukyosaal.com/
080-3031-4311 大阪府高槻市原104-95 JR高槻駅北口バス乗り場①より15分 「上の口」停留所下車2分
mion09092014@yahoo.co.jp

「自然豊かな場所と木のぬくもりある空間で、ゆったりとした時間を音楽と共にお過ごしください。」

【重要】お知らせ:新型コロナウィルスへの対応とお願い
2月26日 厚生労働省、首相官邸から発表された基本方針は 発表から2週間(~3月11日頃)までの、不特定多数の集まる行事の自粛または規模縮小を要請するものでありました。
このイベントは3月21日に開催なので 予定通り開催する意向です。が、今後の状況の変化を鑑み、
A 規模縮小開催 B 開催 のどちらかで 3月上旬に最終決定するつもりでいます。
(尚、自治体や各種団体からの自粛要請のため 中止になる場合もございます。)
お客様には 何卒 ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

曲目:コラール「我が信ずるイエス」「主よ我等をして御言葉を守らせたまえ」
「主よ、人の望みの喜びよ」BWV147 平均律クラヴィーア曲集 より 他

プロフィール:合唱 摂津響Saal合唱団

令和元年(2019年)10月に誕生した混声合唱団。高槻市北部の自然豊かな摂津峡にある「摂津響Saal」を練習会場とする。ドイツ、日本の合唱曲をレパートリーとし、美しい声をつくるためのボイストレーニングの指導も導入。会場設置のスタインウェイのピアノと共に練習を行う。毎月第1と第3土曜日14:00~16:00。現在団員募集中。
合唱指導 山本昌代 ピアノ 山口美樹子

山本昌代 指揮・ソプラノ

 

大阪芸術大学芸術学部音楽学科卒業。卒業時学長賞受賞。同大学院修了。伊サンタ・マルゲリータ国際オペラセミナー、ブルージュ市立コンセルヴァトワール夏季セミナー、独シュタインフェルト夏季セミナー・オラトリオ・リートコース、榛名梅の里日本歌曲セミナーに於いていずれもマスタークラス修了。オペラ「フィガロの結婚」スザンナ、「子供と呪文」シナ茶碗、「椿姫」ヴィオレッタ、「英雄たちのクライマックス」卑弥呼、「泣いた赤鬼」妖精、他に出演。NYシンフォニック・アンサンブルオーケストラ、モーツァルト室内管弦楽団、テレマン室内オーケストラとフォーレ、モーツァルトのレクイエムやミサで共演。「第3回長江杯国際音楽コンクール」2位、アジアクラッシックコンサート優秀賞受賞。2006年、秋篠音楽堂でデビューリサイタル。2009年、大和高田さざんかホールにてホール共催リサイタル。2010年、ザ・フェニックスホール、2014年、岸和田市立自泉会館にてリサイタル開催。以降毎年リサイタルを開催。2018年にはCD「白秋」をリリース。また合唱指揮者ヴォイストレーナーとしての評価も高く、現在定期で6団体の合唱指導の他、多くの合唱団や劇団に招かれている。日本演奏連盟、日本シューベルト協会、堺シティオペラ、京都フランス歌曲協会、奈良県音楽芸術協会、桜井市音楽協会各会員。一般社団法人まほろば芸術ラボ(AMAL)理事長。

山口美樹子 ピアノ

仙台市出身。全東北ピアノコンクール第1位文部大臣奨励賞受賞。桐朋学園大学演奏学科卒業後、ドイツ・ヴュルツブルグ音楽大学マイスターコース卒業。在学中に、バイエルンラジオ放送局出演、学内オーケストラとのピアノ協奏曲演奏。2014年高槻市摂津峡に音楽サロン「摂津響Saal」(せっつきょうザール)をオープン。世界各国から著名なアーティストを迎えてリサイタルを主催。またレーベル響を立ち上げ、CD「白秋」をリリース。京都フランス歌曲協会会員。2018年一般社団法人まほろば芸術ラボ副理事長。2020年ライオンズクラブ基金顕彰受賞。

問:摂津響Saal  080-3031-4311 mion09092014@yahoo.co.jp 〒569-1051 大阪府高槻市原104-95

[mappress mapid=”198″]

【バッハ・イン・ザ・サブウェイズ2020】 3月20日(金・祝)21日(土)22日(日)23日(月)の4日間 あなたの街で バッハの音楽が聴けます。【入場無料】#BachintheSubways2020
世界中で音楽の父バッハの生誕日を祝うムーブメント。世界40カ国140都市以上が参画する。日本は2015から参画。私はオーガナイザーをつとめます。2010年3月21日、ニューヨークの地下鉄の駅で一人のチェリストがバッハの無伴奏チェロ組曲を弾いた。彼はチップを受け取らなかった。かわりにポストカードを手渡した。このムーブメントは CNNテレビにとりあげられました。創始者デール・ヘンダーソン。彼は、音楽を聴きに行く人が減っている事に警鐘を鳴らす。プロ・アマ関係なく参画し生の演奏のよる感動やパッションを訴える。ボランティア有志で行われるこの活動へ ご賛同いただける方を募集 ご協力をお願い申し上げます。(賛同者には 掲載WEBやチラシ等にお名前を掲載させていただけます)※このイヴェントでは、メディアをアップロードし共有します。

グローバルサイト(米国)【日本語】https://bachinthesubways.org/?lang=ja
フェイスブック【英語】https://www.facebook.com/BachInTheSubways/
ツィッター【英語】https://twitter.com/bachinthesubway ハッシュタグ
インスタグラム【英語】https://www.instagram.com/bachinthesubways/
創始者 チェリスト デール・ヘンダーソン【英語】https://dalehendersonmusic.com/

バッハ・イン・ザ・サブウェイズジャパンフェイスブック【日本語】https://www.facebook.com/BachInTheSubwaysJapan/
ツィッター【日本語】https://twitter.com/bachsubwaysjp
実行委員(オーガナイザー)  http://www.nishikunn.net/nishikunn_wp/
実行委員会 http://www.tone-cove.life/

プロフィール

nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)