タグ: アバド

1/29(水)23時~ ジョジョクラシック 【追悼】アバドの音楽 


「ジョジョクラシック」は、クラシック音楽でリラックスできる60分。FMはしもと
サイマルラジオこちらをクリック。 http://csra.fm/asx/hasimoto.asx
スマートフォン専用アプリ TuneinRadio (Android) Fstream(IPHONE.IPAD)
番組へのリクエスト・メッセージ http://816.fm/?page_id=18

【ピックアップ】アバドは ベルリンフィル ウィーンフィルなど いろいろな楽団で指揮をした。
アバドとポリーニの演奏のブラームス 貴重な録音 闘病しながら、スイス ルツェルン音楽祭でも精力的な活動 マーラー交響曲第二番「復活」が圧巻。

ダウンロード (2)

【曲予定】
ブラームス ハンガリー舞曲第5番
ブラームス 交響曲第3番から第3楽章
クラウディオ・アバド指揮 ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

ブラームス ピアノ協奏曲第二番から第2楽章・第3楽章
マウリティオポリーニ(P) クラウディオ・アバド指揮 ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

1楽章は がっしりとした構成 ラプソディが盛り込まれているが イタリア風でもある
2楽章は 巨大なスケルツォ ハンス=フォンビューローやヘルツォーゲンベルグ夫人に「とても小さなスケルツォなんです」「3楽章ではまとまらない 2楽章にアパッショナートが必要なんだ」と説いている。
3楽章は ブラームスのなかでも 1、2に入る美しい音楽  クララシューマンを思うブラームスの気持ちが音楽に・・・

ベートーヴェン 交響曲第7番から第4楽章
クラウディオ・アバド指揮 ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

おしまいの曲は ベートーヴェンの7番のフィナーレは元気がでる。「のだめ カンタービレ」でもお馴染み。

※次回は、2/5の放送です。

P1150404_tr500

 

マーラー 交響曲第10番 未完 アバド指揮 ベルリンフィル


アバド 若々しい音楽 永遠に~


1月20日 イタリアの大指揮者 クラウディオ アバド氏が 80歳の生涯を閉じた。
http://nishikunn.net/nishikunn_wp/?p=4830
1月29日 ジョジョクラシック 23時 でとりあげます。
ぜひお聴きくださいませ。

ダウンロード (1)

私のなかのアバドは カラヤンがベルリンフィルを辞したとき
最も 活躍しそうな若手指揮者だった。
ミラノスカラ座だけでなく ドイツ音楽を積極的に演奏してきたから。
ブラームス 交響曲第3番は雰囲気がよい。3楽章は バーグマンの映画で有名だが。
アバドの演奏は名演だ。

ベルリンフィルのチャンネルはこちら・・・
http://www.digitalconcerthall.com/ja/concert/74

最近は スイス ルツェルン音楽祭にも登場。
マーラーの交響曲は好評。体調を崩したのは胃がんを克服してでの 指揮活動。
印象に残っているのは 交響曲第二番「復活」5楽章の最後 合唱の最強音のとき アバドも一緒にうたいながら指揮をしているのが印象的である。

 

ダウンロード (2)

カラヤンの後任にアバドが就任するとき 有力候補のロリンマゼールはショックだった。
マゼールはフランス音楽など 色彩豊かであった。が、ベルリンフィルはフランスものなどをあまりやらない。
個性が強すぎるカラヤンは団員などいろいろ問題が起きていた。オーケストラが指揮者を選ぶといえる。
アバドは くせがなく 万人受けする・・・ベルリンフィルには アバドが合っていた。サイモンラトルがベルリンフィルを指揮するベートーヴェン アバドと比べようがなかった。安定感で やはり アバドは評価が高い。「精緻で内なる情熱」・・・

若々しいスタイルで 親しみやすい音楽を聴けたこと。カラヤンとベルリンフィル ベルリンフィルは ドイツものが中心で フランスものやイタリアものをあまり取り上げることが少なめであったが アバドになってから イタリアものやオペラ などレパートリーが広がった。偉大な指揮者のライブを聴けないのがさびしい・・・