月別: 2017年1月

1/31 シューベルト誕生日


1797年1月31日 シューベルトは ウィーン郊外で産声をあげた。「歌曲の王」900曲におよぶ作品を31年の生涯に遺した。8つの交響曲 21曲のピアノソナタ 15曲の弦楽四重奏曲 連弾曲(4手のためのピアノ作品)ピアノ三重奏曲 歌曲集「冬の旅」そして 歌劇などの大作も遺している。

「ベートーヴェンの横にいられたら」と言った。ウィーン中央墓地 音楽家の眠る地区32Aで 一緒にいる。真ん中は モーツァルト記念碑。



当時 ロッシーニのイタリアオペラが流行した。ベートーヴェンも オペラの成功が難しいと言った。事実 ベートーヴェンは歌劇「フィデリオ」などを作曲したが 序曲が 演奏会用序曲として演奏されるようになってきた。ドイツオペラは ほとんど上演されることがなかった。シューベルトは ドイツオペラを何とかして注目させたかったのだろう。台本にそった演出をイメージし たくさん曲を書いて 初演されなかった時のショックは大きい。また、初演が失敗した時の落胆は計り知れない。オペラは総合芸術だから。

シューベルトは自信作を持ってきたりして工夫する。例えば「ロザムンデ」のメロディーは序曲にも使われている。劇付随音楽「ロザムンデ」の「間奏曲第3番」は シューベルトのなかでは 親しまれている曲の一つ。


それから 4手ピアノのための曲 「連弾曲」「2台ピアノ曲」を多く作曲している。趣味でピアノ連弾を愉しむ時代になり、シューベルトは軍隊行進曲など作曲した。
後期の シンフォニックに響く幻想曲ヘ短調D940は 素晴らしい。


2/5(日)オルガン・リレー・コンサート ハレルヤコーラス


サントリーホールは日本でも最高峰の音楽専用コンサートホールの一つです。昨年10月12日に 30周年を迎えました。

サントリーホールは2月6日から8月31日まで、改修工事のため休館します。
休館の前日に、大ホールのオルガンを5人の奏者が演奏し、一日中様々なオルガンの音色を楽しんでいただきます。
また、ブルーローズ(小ホール)を無料開放し、大ホールで行われている演奏を体感できるライブビューイングやポジティフオルガンのミニ・コンサートを企画しています。
アンコール曲のヘンデル:「ハレルヤ」コーラスがあります。

【日時】 2017年2月5日(日)
12:20開演 (12:00開場 16:00終演予定)
【会場】 大ホール、ブルーローズ(小ホール)

12:20~ ダヴィデ・マリアーノ
13:00~ 新山恵理
13:40~ 勝山雅世
14:30~ 梅干野安未(オルガン)&正戸里佳(ヴァイオリン)
15:10~ 三浦はつみ
アンコール ヘンデル:「ハレルヤ」コーラス(『メサイア』から)

<12:20~ ダヴィデ・マリアーノ>
ヴィドール:オルガン交響曲第6番 Op. 42 No. 2から 第1楽章
ヴィヴァルディ/J. S. バッハ編曲:協奏曲 ニ短調 BWV596から 第3楽章
デュリュフレ:オルガン組曲 op. 5から トッカータ

<13:00~ 新山恵理>
グリニー:Pange lingua
J. アラン:終課のための後奏曲
フランク:英雄的作品
イゾワール:Clarines!

<13:40~ 勝山雅世>
コープランド:市民のためのファンファーレ
岡野貞一/勝山雅世編曲:故郷の主題による幻想曲
ボルコム:ゴスペル・プレリュード第2巻 第4番「主われを愛す」
ヴィドール:オルガン交響曲第6番 Op. 42 No. 2から 第5楽章

<14:30~ 梅干野安未(オルガン)&正戸里佳(ヴァイオリン)>
J. S. バッハ:前奏曲とフーガ ト長調 BWV 541
フォーレ:夢のあとに ★
ラインベルガー:ヴァイオリンとオルガンのための6つの小品 op.150から 序曲 ★
(★=オルガン&ヴァイオリン)

<15:10~ 三浦はつみ>
J. ヒメネス:第6旋法のバッターラ
ラモー:オペラ『イポリトとアリシー』から タンブーラン
G. ボヴェ:トッカータ
近藤 岳:春うらら

*演奏時間は各20分程度を予定しています。

アンコール ヘンデル:「ハレルヤ」コーラス(『メサイア』から)

*ブルーローズ(小ホール)は無料でどなたでもお入りいただけます。(大ホールライブビューイング、休憩スペースなど)。



◎演奏時間は各20分程度を予定しています。
◎大ホール公演での未就学児の同伴・入場はご遠慮ください。
◎ブルーローズ(小ホール)は、どなたでもお入りいただけます。(16時終了)
・スクリーンで大ホールのライブビューイングをお楽しみください。
・バギー置き場およびカーペットスペースがございます。
・大ホール休憩中の14時05分よりポジティフオルガンのミニ・コンサートを開催します。
(演奏:野田美香/曲目は当日発表、約20分間)
※混雑状況により、お入りいただけない場合がございます。あらかじめご了承ください。





第20回「体験フェア」出演の事 1/29


家族が風邪気味で うつらないように気をつけていたのだが 金曜あたりから咳がひどくなり コンコン 調子が悪い。熱はそんなに高くはない。インフルではない。が 長引くのは 勘弁してほしい。体力も落ちている。土曜のリハーサル後はふらふらしてきた。

このイベントは 市でも最大規模 ボランティアの登録は 2500人 人口 6万人に対して 24% 5人に一人が 何らかのかたちで 関わっている事になる。
ボランティアサークル連絡協議会(私が 副会長をつとめる団体)社会福祉協議会 ボランティア市民活動サポートセンター が合同で 一つの事を成し遂げる。そのため 前日リハーサルがある。のべ1000人が参加した。私が思うに、子どもから お年寄りまで ボランティアの資格はあると思う。人権は護られなければならないが。

午前9時30分から 午後3時までのイベントは 発表 展示 体験  販売のブースにわかれており
私たちは発表コーナー 開会式は 中学高校邦楽部の演奏からはじまった。新年のはじまりに相応しい。その後 市長をはじめ 来賓のあいさつ 続いて 小学校のボランティア発表。点字のしくみについて 老化について理解をする など テーマを設け プレゼンをしていた。

私たちは 午後2時40分からの演奏。うたごえ喫茶体験と題して 観覧のみなさんに歌っていただいた。もちろん 要約筆記 手話の方のガイドがあり わかりやすく 伝えられたと思う。










雪 今年は初雪 1/13に一度降りました。が 今回は 1/23 大阪でも降雪の予報が出ていた。こういう時は 注意しなくてはならない。昼前 すでに雪がちらついていた。

午後 大阪駅 グランフロントのカフェで面談があり 夜 帰ってきたら このありさま。積雪。
何年前か この坂で往生したことがあった。ここから雪が深くなるのだ。積雪20cm。

ノーマルタイヤで FRの車は 私の前の車。動けなくなり そのせいで 大渋滞となった。私の車は FFだ。スポーツカーもこんな時 いくらかっこよくてもFRは不利だ。5人くらいで押したが タイヤが空回りで全く動かない。途方に暮れかけたところ アイデアが浮かんだ 男ども5人。木片はないか 探しまわった。たまたま 竹の箒があったので それを借りてきて 車の前輪にはさみ 後ろから押してやると FRの車は 雪をかきわけ徐々に進みはじめた。こちらは 雪まみれ 寒いし 汗は出るし・・・ でも 前の車がいってもらわないと うちの車がすすめないから。もちろん お互いさまというのもある。
その後 私の車は こんなに積雪しているのに 坂道はスリップすることなく 進む事ができ 無事 家に帰れた。他の車は 路肩に停車し 放置しているのもあった。

その日は 15kmの道のりの たった5km(河内長野市)に5時間かかり 大渋滞した事がある。
今は なるべく 積雪するとわかった時は 出かけないようにしている。どうしてもという時は仕方ないけど。



 


ご褒美


お正月入って 家族が風邪をひきひきずっています。何とか うつされないようにがんばっている。そんな時 外に出かける時 気をつかう。人ごみの中では。マスクは欠かさない。

今日は、寒空の中 大阪駅ターミナル グランフロンへ。外へ出なければ 寒くない。地下鉄から ルクアに直接いける。うめきた広場にあるカフェで面談をした。イタリアっぽい。もちろん 本場イタリアのチョコだそう。神戸に本店がある。帰り際 思いついたのが 栄養補給をしないと(笑)



デリチュース 美味しい は世界の合言葉。ここの チーズケーキは 人に教えたくないくらい絶品。本格的なので 値段はするが 食べるとたまらない味。真央ちゃんも 必ず買いに来るというから。シフォンケーキとは全く違う。まさに 王道。

ホールケーキでなく マスカルポーネなど カットを組み合わせるのが 自分流。
これで 風邪をのりきりたいな。



 


3/26(日)14:00~ 第7回震災復興チャリティーコンサート


第7回東日本大震災復興チャリティコンサート「歌う会」&「体験談」

3/26(日)13:30 開場 14:00 開演 16:00 終了予定
会場:堺市役所 会議室(地下1F) 参加費 500円
参加団体:堺泉北うたごえ協議会 加盟団体 アコーディオン奏者 ピアノ奏者
「歌う会」前半 20分 後半 20分 元気になる歌を歌います。

堺市堺区南瓦町3番1号 堺東駅 から 徒歩3分

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

本日は チャリティコンサートの実行委員会でした。20人前後で会議し決めていきます。

思えば 2011年3月11日 日本は大変な災害を被りました。それは 自然災害 そして 人災です。
地震の揺れ 倒壊 火災 津波 液状化 重い課題がつきつけられました。原発です。
廃炉に40年かかるという。

原発はなくてはならないものなのか 問いただしてほしいのである。電力不足に陥り 停電は避けなくてはならないが。安全な発電システムに変えていくべきだと思う。

2015年 3月と 6月 東北 ゆりあげ地区 石巻 と 遠野 大船渡を訪れ 4年経った現状を目の当たりにした。その視察を活かして 第5回チャリティコンサートで ミニ講演会をし 普段より何倍も多くの義捐金を預かり 仙台市 うたごえ協議会に10万円ほど寄付した。はやく 復興がすすみ 人々の生活が元に戻れるよう 支援しています。











南三陸町の庁舎 寒い日のなか 手を合わせ合掌。河岸から2kmほど 離れているのに 高さ15mの津波がきて この建物は津波にのまれてしまった。遠藤さんの話を忘れていませんか?防災無線で呼びかけた職員。最後には 町長か何名かが この3Fの鉄骨にしがみつき 命が助かった。壮絶な震災の物語がある。

奥には かさあげ工事。高さ13mに積み上げているが 好きだった海が見えない。また 風光明媚なこの地域は リアス式海岸のため 津波が来ると 増幅される恐れがあるという。


「おきがるタイム」FM 1/26(木)13時~シャンソン・タンゴ・昭和歌謡


ティーブレイク@マコルネのおきがるたいむ シャンソン タンゴ 昭和歌謡(J-POP)
ネットラジオ(pc)http://816.fm/816hp.asx スマホアプリ TuneIn Radio 設定http://816.fm/?page_id=71

【曲予定】 あこるでぃおん ブリュアンの歌 石井好子 白い恋人たち 想いの届く日 さらば愛しの人よ 藤沢嵐子 コムダチュード(マイウェイ) 恋はせつなく 長谷川きよし 冬景色 宗次郎 雪はこどもにふってくる ボタンとリボン 池真理子 白い色は恋人の色 ベッツィ クリス ミゾレ KinKi Kids

1/29(日)市保健福祉センター 多目的ホール(3F)にて 14時40分「ベローズフェロー じゃばら仲間」で演奏します。このイベントは 市最大規模のイベントのひとつで 昨年参加者は1000名を超えました。


初夢か・・・


初夢といえば 1月 1日 2日 3日 あたりをさすのだが。
その日 夢をみることはなかった・・・
20日の朝方 夢をみた。

ある人(知っている人)と目があう。笑顔が目にうかぶほど。
会おうね と約束をして 楽しみにしている・・・

ある駅で待ち合わせをし 待っていると・・・
その人からLINEがきてシークレットコードが着信する。

シークレットコードを入力しようとする。しばらくして 目の前にいて 笑顔で「私はここにいるよ~大丈夫?」と言ってくれた。 そこで目が覚めた。

うーん。
朝方の夢は 現実になるというが はたして。その人が笑顔なので 何ともいえない。

そこまで・・・

続きは 夢の中でなるのか それとも現実で なにかが起こるのか わからない・・・


フランス音楽アカデミー スペシャルコンサート2017


スペシャルコンサート2017

2017年4月1日(土)14:00 開場 14:30 開演
京都府立府民ホール アルティ 京都府京都市 上京区烏丸通一条下ル龍前町590-1

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

料金 4000円

第1部 プーランク ベルリオーズ モーツァルト

第2部 ベートーヴェン シューマン



こちらに 先立ち 大阪日仏協会でも 3月下旬に 夕食・演奏会が企画されています。


新年会


懇親会の名のもと 新年会らしい雰囲気でした。新大阪駅前のドイツビアケラー
アクセスがよい。3F 東口 新幹線の改札口が目の前。ちょっと一杯ができる。とにかく 満杯でした。

グループは 20名前後。顔なじみの方も初顔合わせの方も半々くらい 会うたびに進化しているグループは楽しい。有意義な会話ができた。料理の量が多めなので おなかいっぱい。




モーツァルト ピアノ協奏曲第23番イ長調K488


モーツァルト ピアノ協奏曲第23番イ長調K488
この一年に6曲のピアノ協奏曲を完成した。オーケストラの管楽器のリーダー的は オーボエだが ここでは クラリネットが使われ また トランペット ティンパニが使われていない。

きわめて 室内楽的が凝縮された構成で創作された。最小で最大の効果。
ピアノ協奏曲は 20番 21番 24番 27番が好きだ。特に 27番は 美しい。
いずれ とりあげたいと思う。

モーツァルトの心情の変化に静かに耳を傾ける。第1楽章 伸びやかな主題 明るく快活



短調に転調の場面 赤字の部分から 短音階で 一音ずつ和声がさがってゆくのは 何とも。イ短調の性急な音楽。何の衒いもない 純粋無垢な世界。



第2楽章 嬰へ短調 深刻なメロディーと 管楽器によるオブリガード。モーツァルトの「涙の日」。
それだけに 長調は柔らかく 春の日差しのように輝く。ザルツブルクの空は青く広い。





第3楽章 快活に駆け抜けていくような主題。弦楽器も主題をなぞり クラリネットなどとピアノが絡む。



転調する場面。嬰へ短調 重くはないが 駆け抜けるような 深く曇った空。
その後 すぐ長調に 明るく元気に。



カデンツァは楽章の中に設定されている。コーダは 祝祭のようなリズムが跳ねている。これを聴き終えたときには 驚きが残る・・・ 最初 始まった楽想がこういう形で終わるとは誰が予想できただろう。






ザルツブルク駅


手風琴倶楽部 今年の練習日


手風琴 新年はじめての練習がありました。いつもは 第3水曜 18時からですが、この一月は 第2水曜日11日に変更しました。

もちろん 2月からは 通常通り 第3水曜 18時から 山田公民館であります。

2月15日 3月15日 4月19日 5月17日 6月21日 ・・・と続いていきます。