「Bach in the Subways 2020」 3/19-25


FavoriteLoadingお気に入りに追加

「Bach in the Subways 2020」 3/19-25 バッハ・イン・ザ・サブウェイズ

生の音楽を聴く人が減っています。そして、クラシック音楽のライブも少なくなっています。生の音楽の感動を共有しましょう。
クラシック音楽の危機を救おうと 一人のチェロ奏者がたちあがった。デール・ヘンダーソン。(Dale Henderson)
地下鉄の駅で2010年3月21日 バッハの誕生日にはじめた。だから「バッハ・イン・ザ・サブウェイズ」と言う。
彼はチップを受け取らなかった。翌年は 二人でチェロを弾いた。

このムーブメントは、やがて アメリカCNNに取り上げられ 話題となった。日本には、2015年に初めて上陸した。
2015年の直前、表参道ヒルズの開催を前に打ち合わせでこの話を聞いた。人を喜ばせるための音楽。これをさらに「自分からすすんで演奏し感動を共有できる」ように
世界じゅうのバッハを愛する演奏家とリレーする「世界同時バッハ」それが バッハ・イン・ザ・サブウェイズ

3月21日 一日のみの企画であった。
私は、1日 4会場(和歌山 高野山霊宝館迎賓館 大阪 りんくうタウン 法隆寺 いかるがホールホワイエ 桜井 トラットリア前澤) で プロジェクトを進行 バッハリレーをさまざまな場所で展開した。世話人となり 翌年からは Bach in the Subways 日本 実行委員をつとめている。
(一般社団法人「クラシックを聴こう協会」内 実行委員会サイト )
2015年は40か国 140都市以上が参画した。日本では、25か所 300人が参画したと言われる。

その活動は、Bach in the Subways Japan Facebook Pageでアーカイブされています。これまでも
私は、創始者 デール・ヘンダーソンともコンタクトをとってきました。彼のムーブメントに対する気持ちは 世界じゅうに伝播しています。

 

素晴らしい日になる事を願っています。会場提供者の多大な協力、会場主催者、演奏参画者に最高の賛辞を送ります。
ポリシーは 3つ。

1 バッハの曲を演奏する事 (他の作曲家の演奏はNG)

2 無償演奏(お客様から演奏料をいただいてはいけません)

3 観覧者にポストカード(フライヤーなど)を渡し バッハ・イン・ザ・サブウェイズの趣旨を知らせる事。

関心のある方は こちらまで。

bach.it.subways.j.k@gmail.com

ちなみに 2019は 4日間で 5会場をオーガナイズしました。

プロフィール

nishikunn
nishikunn
☆PCPAL代表取締役 日本アコーディオン協会理事 FMはしもとパーソナリティー  ピアノテクニシャン  なにわシャンソンコンクール審査員 市ボランティアサークル連絡協議会副会長 TOPページへnishikunnのページ

コメントを残す