Year: 2022年

「鷲窟山観音院」弘法大師「爪彫の十万八千摩崖仏」秩父第三十一番札所


「観音院 弘法大師」秩父第三十一番札所「鷲窟山(しゅうくつさん)観音院」【秩父三十四観音霊場】

秩父札所第三十一番「鷲窟山観音院」二百九十六の石段、落差60mの「清浄の滝」、空海爪彫りの「十万八千摩崖仏」
秩父観音霊場札所三十番から徒歩で6時間、最も遠く険しいところ。標高700mにある。秩父札所三十四ヶ所観音霊場は文暦元年(1234)甲午三月十八日開創と伝えられ、室町時代後期には秩父札所が定着し、江戸時代には庶民の観音信仰巡礼の聖地として賑った。一番「四萬部寺」から三十四番「水潜寺」まで約100kmにわたる。西国三十三ヶ所、坂東三十三ヶ所とともに「日本百観音」と呼ばれている。

珍しい石の「仁王像」が入り口に。高さ4mと日本一を誇る。標高差50mを15分ほどかけて登る参道には句碑がところどころあり景色が変わっていく。登り切ったところに巨大な岩盤と滝と観音堂が眼前にあらわれる。約1700万年前、秩父盆地が陥没し海が入り始めた時代、海底に積もった砂礫。江戸時代には岩殿沢石として江戸にも運ばれていた。

創建と略歴 飛鳥時代から奈良時代にかけての高僧、行基【天智天皇7年(668年) – 天平21年(749年)】の作。本尊「聖観世音像」しばらく衰退し、本尊が不明になっていた。平安時代末期から鎌倉時代初期の武将、畠山重忠(1164-1205)がこの地に狩りに来たとき、遠くの梢の鷲の巣に矢を射った。矢がはねかえったことを不思議に思い巣に近づくと巣の中から本尊の観音像があらわれた。重忠は奇縁から観音堂を建て祀った。現在の堂は昭和47年に再建されたもの。

十万八千摩崖仏 弘法大師が断崖に体長18cmの爪彫り千体仏を彫ったとされる磨崖仏。風化により面が滑らかになっているが、千年以上経ったものだと感得する。

「聖浄の滝」落差60mの滝。古来、修験者が水垢離の行をし、篤い信仰を集めてきた。不動明王が祀られている。雨が少ない時は、量が少ないが、大雨の後は、流量が多く轟音となる。滝つぼがエメラルドグリーンで清い。

秩父第三十一番札所「鷲窟山(しゅうくつさん)観音院」【秩父三十四観音霊場】小鹿野町へは、秩父市街から西方へ15㎞。

埼玉県秩父郡(ちちぶぐん)小鹿野町(おがのまち)飯田観音(いいだかんのん)2211

 



「観法」法印即身仏墓 明治17年(1884年)86歳で往生。即身成仏を成した。ここにある石仏は、両神山との関連がある。














 


安倍晋三元首相の国葬 55年ぶり 2022.9.27


安倍晋三元首相の国葬が9月27日14時、東京・日本武道館で執り行われた。210を超える国と地域、国際機関の代表団を含め、政府発表によると国内外から4183人が参列。
首相経験者の国葬は戦後2例目で吉田茂元首相以来、55年ぶり。歴史的瞬間である。いろいろ言われているが「銃撃事件」により亡くなる事は許されないのである。

13:46  遺骨をのせた車 防衛省に入る
13:55 遺骨をのせた車 会場に到着 弔砲が19発
14:13 開式の辞
14:14  自衛隊の音楽隊による国歌の演奏。1分間の黙とう
14:18 亡き人への「アルバム」が上映
14:27 弔辞。岸田首相 他、前首相 菅秀偉による友人代表の言葉(14:48)。他・・・
15:03 天皇皇后陛下による拝礼
15:06 上皇ご夫妻による拝礼
皇族方の供花
15:16 参列者による献花
一般の献花は、10時から16時の予定だったが多くの要望から9時30分から18時まで行われた。

葬儀は18時頃に終了。そのあと岸田首相が弔問を受けた。

一般献花について 九段坂公園が会場。案内が九段下駅の出口付近に掲示されていた。九段下にある北の丸公園付近は厳戒態勢がしかれた。駅は出口1が閉鎖され半蔵門から大廻りして九段下にはいる迂回ルートで訪問者が列をつくった。献花会場は2ヶ所にわかれていた。一般献花は10時~16時だが、行列は2時間以上待ちから4時間待ちとなった。警察の警備車両の間から会場が見え、カメラで撮影している人や手を合わせている人がいた。白黒の服や献花を持っている人は、年代関係なくまた男女も特に割合に隔たりがあるようには思えない。20代の女性や70代の夫婦、40代の男性など影響を受けた人が多くいるのは紛れもない事実。献花者は2万3千人。

また、時代に相応しい提案で「デジタル献花」の募集があり、25万人もの献花が添えられている。

菅義偉前首相の言葉
山縣有朋が伊藤博文を偲び詠んだ
「かたりあひて尽くしし人は先立ちぬ今より後の世をいかにせむ」

伊藤博文(1841年10月16日~1909年10月26日)は、69歳で暗殺された。その時の事を思う日本の歴史である。

 

 

 


「村屋坐彌富都比賣神社」(むらやにますみふつひめ)大神神社別宮


「村屋坐彌富都比賣神社」(むらやにますみふつひめ)大神神社別宮

主祭神 三穂津姫命(ミホツヒメ)( 弥富都比売神)を祀る。大物主命(オオモノヌシ)も祀る。本殿は二柱ある。三穂津姫命は大国主命の后神、大物主と大国主は同神とされている。大物主命は大神神社の祭神であるから大神神社と一緒にお詣りすると御利益がさらに増すといわれる。摂社「久須々美神社」【別名 恵比須神社】祭神は事代主神(コトシロヌシノカミ)、天之久之比神(アメノクシヒノカミ)。そういえば、出雲の美保神社との関連が。三穂津姫命が祭神で、事代主神(えびす様)が祀られているから。

大神神社の創建は有史以前とされ(古事記、日本書紀に登場する日本最古の神社) 大物主神(おおものぬしのかみ)が出雲の大国主神(おおくにぬしのかみ)の前に現れ、国造りを成就させる為に「吾をば倭の青垣、東の山の上にいつきまつれ」と三輪山に祀られることを望んだ。

摂社 服部神社(はっとりじんじゃ)祭神 天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)、天之御鉾命(アメノヒボコ)
服部神社といえば豊中の服部天満宮があるが、たしか山代温泉にもあり和傘がきれいだった。この村屋坐彌富都比賣神社に和傘がある。天之御中主神は、平安時代以降の「妙見宮」や幕末頃の「水天宮」信仰と結びついて今に至るが、古代より祀られている神社は極めて少ない。秩父神社で鎌倉時代、四柱神社は明治時代で、大神神社別宮に祀られている事は、驚嘆に値する。

天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)は、古事記「日本神話」の天地開闢で最初に登場し、何も語らず姿をお隠しになったとされる。性別のない神。そのため宇宙想像の神、無為の神、究極の神とされている。聖書では、神は全知全能であり、宇宙を創ったとされているが、日本神話では、混沌としている宇宙があり、清浄なものは天に昇り、重く濁ったものは大地となった。そこに天之御中主神が出てきたという。その後、高御産巣日神(たかみむすひのかみ)神産巣日神(かみむすひのかみ)があらわれた(造化三神)。

続いて、宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)天之常立神(あめのとこたちのかみ)があらわれた。
次に、国之常立神(くにのとこたちのかみ)豊雲野神(とよくもののかみ)があらわれた。ここまでの神は、性別がない「神代七代」

その後、五組十柱の神があらわれる。

宇比地邇神(うひぢにのかみ) 須比智邇神(すひぢにのかみ)
角杙神(つのぐひのかみ) 活杙神(いくぐひのかみ)
意富斗能地神(おほとのじのかみ) 大斗乃弁神(おほとのべのかみ)
於母陀流神(おもだるのかみ) 阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)
伊邪那岐神(いざなぎのかみ) 伊邪那美神(いざなみのかみ)があらわれた。

イザナキ イザナミの神が天の神々と相談して日本の国をつくった。その後「カグツチ」を生んだ時、火傷をしてイザナミが亡くなった。イザナキがひどく哀しみ怒り、十束の剣でカグツチを殺してしまう。愛しいイザナミを探しに「黄泉の国」に入った。イザナキはイザナミとの約束を守れなかった。イザナミが怒り狂い黄泉醜女(ヨモツシコメ)を従え追撃するがイザナキは逃げ切り、黄泉の国との間に大岩をたてた。イザナミが「あなたの国の人を1000人殺しましょう」と言うと、イザナキが「では1500人産もうではないか。」と言い、二人は絶縁した。イザナキがこの行いに禊を行った時、月読命(ツキヨミ)天照大御神(アマテラスオオミカミ)須佐之男命(スサノオ)が生まれた。三貴神と呼ぶ。天照大御神の第五世代、神日本磐余彦 (かむやまといわれひこ) が生まれる。後の神武天皇で、彦波瀲武鸕鶿草葺不合命(ひこなぎさたけうがやふきあえず の みこと)と玉依姫(たまよりびめ)が親で第四子であった。兄弟に、彦五瀬命、稲飯命、三毛入野命がいる。

二柱を祀る。

「中秋の名月」


「リラ・クラシック」2022.9.17(土)7:00 ヴィヴァルディ vol.103


2022/9/17(土)7:00「リラ・クラシック」は、クラシック音楽でリラックスする60分。第3週・第5週 パーソナリティ マコルネがお届けします。
【ネットラジオの視聴方法がPC スマートフォン タブレット共通に】

【曲予定】ヴィヴァルディ リコーダーソナタ「忠実な羊飼い」 協奏曲集「四季」より「秋」 2台のヴァイオリンのための協奏曲イ短調「調和の霊感」

【コラム】ヴィヴァルディ 1678年3月4日 – 1741年7月28日 バロック時代 バッハやヘンデルと同じ時代に活躍したイタリアの作曲家。

 


2022年「山紅葉」


2022年「山紅葉」

9月に入り、台風11号が襲来。本州は、台風の周囲を廻る南からの風で猛暑がやまない。九州をはじめ、台風の通過に注意が必要です。
期待しているのは「台風の通過後の海水のかきまわしによる日本海からの冷気の北風か、シベリアや中国大陸から寒気を引き込む低気圧」による涼しさ。
昨年は10月初旬に寒くなった。果たして今年はどうだろうか。

北海道東部では最低気温が5℃の日があったという。もうすぐ、本州にも涼しい空気が入る。
私が楽しみにしている「山紅葉」今年は遅めだと思うが、9月20日過ぎになると、徐々に高山から紅葉がはじまるだろう。

ほぼ2年に一度のペースでローテーションしながら同じところを時期を変えて歩き、違う拠点に移している。
もちろん、気に入ったところはいつでも行けるような気がしているから。しかし、新しいところは行きたい時にいけるようにしたい。昨年は、苗場山、白馬大池、白馬丸山(唐松岳途中)浅間山(前掛山)など片道3時間30分以上かける山をいくつか登った。

今年は藤原岳、伊吹山、大峰山、御嶽山で日帰りだった。もっと先にあるもの。1泊2日でのぞんだ富士山。一日目 5時間45分 標高差 1150m 二日目 7時間(下山 4時間30分)距離15.1㎞+2.5㎞=17.6㎞ 最後は膝の裏側が少し痛かったので、これより少なめであれば問題はないはず。行きたいところは、1泊2日に相当するレベルになりつつある。
日帰りなら、片道4時間で往復7時間ほどの工程を選べれば可能だ。例えば、南八ヶ岳の硫黄岳など。そして、紅葉植物が多く分布するところが望ましい。

まずは、3000m級の山々だが、紅葉そのものは山頂部では起きない。2800mを超えると岩稜帯で植物がわずかしか生えない。森林限界の2100mで低木の赤いナナカマド、ダケカンバなどが植生するかどうか。上高地の紅葉は岳沢(2100m)の「前穂高」手前のカモシカの立場(2450m)、岳沢パノラマ(2600m)などの紅葉がきれいだ。
もちろん「涸沢」「横尾」という王道がある。9月下旬から10月中旬まで宿泊がいっぱいで「涸沢」は土日だとテント泊が1000張で足の踏み場もないらしい。よくこんなところに集まったといった感じ。同じ時期「志賀高原」などの上信越の紅葉が始まる。1600m~2000m前後だが、高い樹木がある事で、黄色い紅葉が映える。

白馬を極めたいとか、涸沢をせめていくとか、八ヶ岳や槍は? 目標はある。今まで日帰りだったが、せいぜい赤岳の登頂なら体力があれば日帰り可能かな。
山小屋に泊まり体力を温存しながら長距離を歩くレベルになったと思う。少なくとも一日10㎞なら問題ないレベルに達してきたかな。
例えば、涸沢の場合、一日6時間歩いて標高差700m登ってこそ行ける場所で、そこから先「ザイテングラート」までは行けると思っている。先は奥穂高。北穂高 西穂高 前穂高 奥穂高 の4つのうち前穂と奥穂は比較的難易度が低い。岳沢からの短距離で高度を稼ぐ前穂高へはとにかく脚力、体力温存のための工夫。奥穂高は浮石に気を付ける。奥穂の前衛「ジャンダルム Gendarme」から西穂や北穂「大キレット Killet」「北鎌尾根」は、次元が全く違う話。

槍ヶ岳の場合は、上高地から横尾を通り槍沢に入るまでやはり6時間。二日目も4時間後の登頂なので疲れがあるとしんどい。できれば、山頂近くの山荘に泊まった方がよい。結果
三泊四日の工程がスムーズだろう。登りの滑りや下りの転落など浮石に気を付けないと。破線ルートなんて次元の違う話。ヘルメット装着すればとの事だが、左右の頭部や頸部は保護できない事を知っておくべき。

登山届にある登山計画は何のためにあるのか。思い付きで書くのではなく、そこに情報をリンクさせて確認する事。登山道の整備具合。里山の道迷い情報。
エスケイプルートの有無。ピストンと縦走の違い。岩稜帯の注意。渡渉場所で増水時の対応など。携帯品の準備を怠らないように。楽しい山行を。

木曽駒ヶ岳 9月 標高2600mから短時間で乗越までたどりつける。

岳沢の紅葉 ある人に聞くと涸沢でなくて、ここがきれいなんじゃないかな。

上高地 明神 穂高の峰々がよくみえる。10月下旬頃には初雪が降るかも。カラマツの落葉が素晴らしい。


円安1$=145円か(24年ぶり)2022.9.7


円安1$=145円か(24年ぶり)2022.9.7

2022年(令和四年)年初は1ドル=115円 それが9月6日に145円に迫る。日本は資源をほとんど輸入に頼っている。輸入品が20%物価があがってもおかしくない。主要企業の想定為替レートが115円なので、大きく狂わされた。設備投資はすぐ返ってくるわけでないけれど。人口減少、国力低下。ウクライナ侵攻が長期化する様相をみせている。これは世界中でおこっている事なのだから、経済レベルを維持するために個人が努力するしかない。経済圏にみあったライフスタイルや時に移住も考えなければならないでしょう。

円高も困るが極端な円安で物価高による経済破綻の心配。困窮者の増大が懸念される。80年前の事と似てはいないか。
第2次世界大戦の前触れもそうだった。アメリカで世界恐慌、日本が国際連盟を脱退し枢軸国が日独伊三国同盟を結んだが、インフレに生活が苦しくなり、対外へ経済圏を拡大する世論がかきたてられた。列強の進出に対して大東亜共栄圏をうちたてて、それは幻想だったのか。日中戦争、第二次世界大戦で・・・結果はご覧の通りだ。

日銀は、財務省は対応しているのか。安倍さんが亡くなってから、日本への信頼がしっかりしてほしいとの思惑があるのだ。世界の大国は2大政党が互角で競争できるようになっているが、日本は事実上、第一党の政党が人事権まで握り、派閥がNOを言わせない体制をつくっている。先日の国葬「後出し報告」などみっともないにも程がある。私は最初、国葬に賛成していたが、当初より6倍もかかるようなら最初から概算を言ってくれないとね。来年「広島サミット」で100億円使う予定らしいし。内閣が半分負担するならいいですが。国外に気をつかうのはわかるけれども。国内への重い腰で煮え切らない「丸投げ政府」。コロナに対しても中途半端な。国会議員は法律を整備しようとしない。つまり、官僚が国民のために働きたいと思えない不満がここまで来ている。

アメリカの景気がそれほどいいわけでないのに。アメリカの失業者指数や長期金利上げに引っ張られるのはあるけれど。製造業で原材料を輸入している企業が逼迫している。すでに半年分くらいは調達できたかもしれないが、その後の買付けが原材料の高騰で値上げをするが利益を回収できるか怪しい。消費が冷え込むのは、値上げに対する節約志向と企業が将来不安で簡単に賃金をあげられない。何しろ115円で想定されていたものが145円だと、物価が20%上がることを考えなくては。製造業などは利益を迅速に転嫁できない。企業は対策で締め上げをするだろう。雇われ手、小企業、下請け会社など影響を受けはじめている。もはや人でなく道具扱いにされないため、私たちが守らなければならない。

多くの企業が悩ましいのは広告宣伝費。宣伝をしなければ、競争に勝てなくなる。消費現場では関係ないように思われるが、なかなかそうではない。売れ線だけでは心細く、新製品など目をひくCMはある程度必要。プライドをかけゴールデンタイム番組に企業アピールするのがステイタスだが、そうでなくてもCMが流れているだけでも一定の効果がある。民放はインターネット広告が増えている状況だから、ネットとの模索でTVER(ティーバー)はもちろん、TikTok(ティックトック)などへの連携も必要だ。

ちなみにその昔、私は東証一部上場会社に勤務していたが、1990年代、円高で一時79円をつけた頃、倒産危機でリストラがありその渦中で退職した事があり、本当にリストラが有ることを肌身で感じた。現在では、企業体質の生まれ変わりにリストラがあるようだが、さまざまな理由がある。今、円安=インフレで企業は極限な状態。FRBの長期金利の利下げがないかぎりこのトレンドは続くだろう。


2022.9.22(木)13:00「おきがるタイム」FM816 バンジョーアコーディオン vol.228


2022.9.22(木)13:00「マコルネのおきがるタイム」シャンソン・昭和歌謡・アコーディオン FM816 パーソナリティ マコルネがお届けします。
【ネットラジオ(リアルタイム配信)全国・全世界でアプリなしで視聴できます】https://www.jcbasimul.com/radio/1302/

【予定曲】Moon River スゥイングル・シンガーズ Broken Vow Je taime encore ララ・ファビアン
Cafe1930  小松亮太 ちいさい秋みつけた 雨降りお月さん 島田祐子
秋でもないのに 本田路津子 いい日旅立ち 谷村新司 曼珠沙華 山口百恵
ルビー・アームズ Nada  LA VALSE DES BIGROS バンジョーアコーディオン

【コラム】朝は涼しくなりましたね。もうすぐ昼の長さと夜の長さが同じの秋分点。
バンジョーアコーディオン(稲川友則と柴田貴子さんのユニット)をお届けします。詳細記事はこちら


中秋の名月 2022年9月10日(土)


中秋の名月

令和四年は、2022年9月10日(土)
月は地球の衛星、いつ誕生したか謎であるが、連星としてのバランスを保っていると考えられている。

夏は湿度が高めでぼやけて見える。月の高度が低い。
冬は月の高度が高いので頭をもたげないと。

秋は高度も高すぎず低すぎず。空の星が明るすぎない事。
空気が澄んでくっきりと見える。

月の見え方は、太陽、地球、月の位置関係で決まる。月の公転軌道は厳密には楕円形であり、新月(朔)から満月(望)まで13.9日から15.6日と変化している。
旧暦の15日は、月齢14.0からを指すので、次の日の方が大きく見える。もうひとつ、五と三は「筆文字」だとかすれたりすれば、五も三も同じように見える。
晴れて見えればそれが一番。十五夜を見そびれた人が、次の十五夜よりも先に十三夜を先にみてきれいだと言ったのかな。
次の十五夜が見られたとしてきれいなのは、ごくごく当然の事であるからにして。

十五夜の時期は、令和四年の場合、二百二十日と同じ日になった。立春から二百十日や二百二十日は、稲の開花日で台風の通過日などにあたり警戒する。
これを避けるために風を鎮める年中行事「風祭」を行っていた。なお、十三夜は、日本独自の風習。

十五夜 旧暦8月15日 9月10日(土)明月 芋名月
十三夜 旧暦9月13日 10月8日(土)名月 栗名月 無双

「今来(こ)むと 言ひしばかりに 長月の 有明の月を 待ちいでつるかな」
小倉百人一首 二十一番 素性法師 詠み


バンジョーアコーディオンの世界


アコーディオンユニット バンジョーアコーディオンの世界

アコーディオンは、目立たずも顔の大きな表情の豊かな楽器でもある。それは、発音が体の中央のハート(心臓)から蛇腹でエアーを送り発音し震わす。1990年代まで、うたごえの伴奏などで使われてきた。それが、旋律楽器でないために目立たなかったのかもしれない。多くの音を出せるピアノも存在感ある一方、その場にたたずんでいる印象がある。実はアコーディオンは動いて奏することができるのだ。しかし重いものだと15㎏を超え、体力勝負の楽器には違いないのだがその音色は驚くほどメローで哀愁でノスタルジックな世界に誘う。

広い世代で慕われているアコーディオンだが、若い世代で手に取ることが増えてきた楽器のひとつで、その多彩なグルーブ感に酔いしれてしまう。左手のベースソロとコード、右手のオブリガートとメロディーを自由に奏することができる。アコーディオンは、バンドではパートを奏でるのではなく、音楽そのものをリードしていく。スイッチについてはクラリネット、オーボエ、バンドネオン、メロディオン、フルート、ヴァイオリン、ピッコロを瞬時に切り替えることができ、ワールドミュージック(タンゴ・シャンソン・ミュゼット・ジャヴァなど)の世界へスムーズに入れる。なので、アコーディオン&アコーディオンなどアコーディオンユニットは音楽を広げる。

今、バンジョーとアコーディオンのユニットが新鮮だ。稲川友則&柴田貴子さんのユニット HP: Banjo & Accordion 
ぜひ、HPをのぞいてみてください。

バンジョーとアコーディオンという大変珍しい組合せ。繊細なバンジョーの旋律とどこか懐かしい響きのアコーディオンの音色をみなさまにお届けできたらと思っています。異国の国にいるようなノスタルジックな音色。そよ風にゆれる緑の草原。遥か遠い海の向こうに見える小さな教会。石畳のあるゆるやかな坂道。

Banjo & Accordion「RUBY ARMS」2022年4月発売 7枚目のアルバム

タンゴ、ミュゼット、スタンダードやクラシックに加え、渾身のブルーグラスやインド音楽も収録。今年10周年を迎えたバンジョー&アコーディオンのスペシャルな1枚。オリジナルも7曲収録。​多彩な音色をお楽しみいただけます!全16曲収録。

Banjo & Accordion「De La Musette」2020年7月再発売

1900年代初頭、ヨーロッパではバンジョーは大変盛んに演奏され、ミュゼットもバンジョーとアコーディオンで演奏されていました。ジャズギターの巨匠ジャンゴ・ラインハルトもギターに持ち替える前はバンジョーでミュゼットを演奏していました。当時のバンジョーを使い、貴重な音源をもとにジャンゴをはじめとする当時のパリミュージシャンたちの演奏スタイルを再現しました。再マスタリングで音もとても良くなりました。全13曲収録。


3月21日【春分点】グレゴリオ暦 1582年から


3月21日(春分点)ここを起点に一年がはじまる。太陽の通り道を「黄道」というが、地軸が23.4度ずれている地球の春分点は黄経0度とされている。3月からはじまり2月に終わり、そこに閏日で調整するかたちだった。9月はセプテンバー7番目の月で10月はオクトーバー8番目の月で・・・と呼ばれている事からもわかる。「天文学的な春分の日」はここを起点としていて絶対的な基準となるもの。

メソポタミア5000年の歴史は伊達ではない。春分点と秋分点で一年の半分が理解でき それの2分の1が冬至と夏至である。月は27・3日で黄道を一周する。一方、誤差があることを2000年以上前から知っていた。

ローマ帝国は紀元前500年頃に共和制ローマが生まれた。周囲は、小アジア エジプト ギリシアがそれぞれ統治されていたが、ヘレニズム諸国が倒れてローマ帝国に編入。巨大な国となったが 395年ローマ帝国皇帝テオドシウス1世(大帝)は遺言に、帝国を東西に分け、長男アルカディウスに東を、次男ホノリウスに西を与えて分割統治させた。西ローマ帝国はゲルマン民族の侵入に苦しめられた。そして、476年、ゲルマン人の傭兵隊長オドアケルによって滅ぼされる。一方、東ローマ帝国は、1453年にオスマン帝国によって滅ぼされるまで1000年にわたって続く。

 

これまで、古くからのロムルス暦では、3月1日から10か月あった。農民にとっては、王が春と宣言すればそこから農業がはじまり収穫すればあとの2か月(60日)は休みだった。紀元前153年、改暦が行われ、便宜上の1月1日が設定されたが、農民にはあまり関係がなかった。紀元前45年 共和政ローマの最高神祇官・独裁官・執政官ユリウスは、それまでのローマ暦を改め、太陽暦(ユリウス暦)を採用した。4年に一度、閏日を挿入するとした。しかし、これには誤差があった。当初は、2月は29日まであった。カエサル暗殺後、皇帝アウグストゥスの時代、8月を自分の名に変更するのと同時に、8月の月が小の月になるのを嫌って31日とした。都合2月は28日となったのだ。

一年のはじまり「イースター」ここから宗教上の春がある。移動祝日であり、毎年変わる。「春分の日から最初の満月の次の日曜日」となっている。325年、ニケア宗教会議でイースター (復活祭) の日取り決定法として、春分の日は3月21日に決定。そしてこれを元旦とした。しかし、問題は起こっていた。ユリウス暦は128年に一日ずれ1280年に10日ずれてしまう。1500年代には、春分の日が3月11日頃になってしまった。それでこの問題を解決するために

1582年10月、ローマ教皇グレゴリウス13世がグレゴリオ暦を採用した。グレゴリオ暦は、400年に97度、閏日を挿入するとしている。(4で割り切れる年に閏日を挿入、ただし100で割り切れて400で割り切れない年は平年とする。)これは千年単位で一日ずれるくらいの極めて高精度な暦。ちなみにまだユリウス暦をロシアやエジプトなど使用しているところがある。

日本の導入は明治時代の明治6年(1873)から。旧暦は太陰暦で29.5日。一年は354.4日でずれがある。しかし現在でも旧暦を使用する事がある。月の満ち欠けを基本をするもので1日は新月であり15日はほとんど満月である。七夕は天体が関係する年中行事のため。また、漁業などで潮の干満は太陰暦である。ちなみに15日毎に設けられた「二十四節気」は日本や中国で採用していて季節感がわかりやすい。

天文学は「位置天文学」ともいい天体観測から地球の普遍性運動についての法則に仮説をたてそれを暦法にした。人間の智慧は素晴らしいと思う。

 

ユリウス ジュリアス・シーザー(紀元前100年7月12日 – 紀元前44年3月15日)
7月は彼の生まれ月からJulyとされた。シェイクスピアの戯曲「ジュリアス・シーザー」