年別: 2014年

ショパン/「木枯らしのエチュード」練習曲作品25-11


ショパン/練習曲作品25-11「木枯らしのエチュード」

ショパン 練習曲(エチュード)は全部で27曲つくられている。作品10が12曲 作品25が12曲 遺作が3曲 有名な 別れの曲 黒鍵のエチュード 革命のエチュード 木枯らしのエチュード 大洋・・・ 遺作の3曲 難易度から前奏曲風だが 練習曲の主張をしている曲だ。

この曲は ショパンにしてみれば1821年から25年にかけて作曲された。ショパンにしてみると 長期間である。ワルシャワ蜂起のやるせなさを
練習曲作品10-12 ハ短調 革命のエチュード
練習曲作品25-10 ロ短調 徹底的なオクターブの表現は異例。激しさをみることができる。
練習曲作品25-11 木枯らしのエチュード めぐるめく右手の跳躍と左手の決定的な表現。
練習曲作品25-12 ハ短調「大洋」無窮動的な音型は 雷鳴のごとく 哀しみを湛えている。

練習曲を目指して出来上がったものは芸術性の高いものであった。最初は エクゼルシス(指の訓練の為に)と書かれてあった。これは チェルニーのように機械的な訓練ではなく、音楽的な効果を考えられたのである。バッハの平均律クラヴィア曲集をショパンは敬愛していて レッスンでもとりあげている。最良のテクストだと。

レオポルド ゴドフスキーはポーランドの作曲家 ショパンの練習曲による編曲で53の練習曲を書き上げた。
1曲だけ書くことができなかった曲。 作品25-7 夜想曲風 フルートとチェロの2重奏とピアノの伴奏を一台で表現するというもので 楽譜から読み取る表現の練習曲で ゴドフスキーも手を入れることができなかった。

さておき 私がショパンで最も好きな曲のひとつは 練習曲作品25-11 「木枯らしのエチュード」ピアノ音楽において ベートーヴェンの「ハンマークラヴィアソナタ」以上にピアニスティックな作品。これをオーケストラで演奏すると ピアノらしさがなくなってしまう。最もショパンらしい作品のひとつ。演奏を試みたことがある。右手の3、4、5の指の強化 アルペジオ5、2、4、1 手首の転回など。こんなに難しいのに、左手がコントロールし主導権を握っている。

それをさらに難しくした ゴドフスキーの編曲。この曲はポーランドの誇りである。

ポーランドは その名のとおり平らな地。ロシアやドイツに占領され、苦しめられてきた。誤解されるのだが 民族的には ポーランド語を話し ローマカトリック教の信条が「ポーランド人」。文字はアルファべートを使う。他の東欧諸国はロシアのようにキリル文字を使うが。ギリシアよりの宗教である。ぶどう・小麦を栽培し 自国のポーランド語を大切にしたきた。ホロゴーストにも遭っている。コペルニクス キュリー夫妻 ポーランドは多くの天才を生んだ。10月17日は ショパンの誕生日である。

写真は ポーランド ワルシャワ ショパン協会 オストログスキ宮殿で。

nishikunn-net-scan0003tri-500x375

左手と右手を交換して 編曲されている。ただでさえ 右手の半音階 5-2-4-1 の型が難しいのに それを左手でするのは 難易度が高すぎる曲。
ポーランドの誇りである。


ジュリエット・グレコ来日


昨年 CDをリリース 87歳、健在だ。あのトレードマークの黒髪とシルエット。そして 下から上にあがる上質な声。ジェックブレルと同時代のあのピアニスト ジェラール とのライブ。今回の日本公演は初来日から53年、23回目の来日。東京・大阪などで公演する。

ジュリエット・グレコは 日本の文化に興味を持ち京都に立ち寄る。着物を羽織り お茶をたしなむ姿が印象的。

2013年10月ジュリエット・グレコは2年ぶりの新作アルバム「ブレルを歌う」
“GRECO CHANTE BREL”をフランスで発表(国内版は2014年1月リスペクトレコードより発売)。ジャック・ブレルが亡くなって35年、ブレルの作品を歌い続けてきたグレコが、ブリュノ・フォンテーヌによる全く新しい編曲指揮によるスタジオ録音盤に挑戦、ブレルの作品は新しい命を得た。5月16日と17日、パリ、オランピア劇場でリサイタルを行った。

ピアノ:ジェラール・ジュアネスト アコーデオン:ジャンルイ・マティニエ

headjuliette


第8回浜松シャンソンコンクール 結果 10/5(日)


浜松シャンソンコンクール。浜松日仏文化協会が主催。
フランス語講師の審査員がいる。発音・雰囲気なども審査対象になるだろう。ユニークな表彰がある。ステージは8分 2曲×35人 7曲 280分 5時間近くエントリーがある。そのうち ワンコーラスはフランス語で。・・・ 白熱したシャンソンが聴けるとあって全国からもシャンソンファンが駆けつける。今年も大いに盛り上がりますように。

8thHCC%20Flyer%20Frontpage

8thHCC%20Flyer%20Backpage

(10/6更新) 声だけで感動させられる人がいる この人に歌ってもらいたい これが歌心。
新たに表彰された方 力があり 表彰されている方・・・

参加されているすべての方にエールを送りたい。予選から 録音・撮影・・・ 本選までの準備
コンディションを整えることなど 頑張ってきた。

グランプリ 中村さだひこ 準グランプリ 一ノ瀬和子
プルミエプリ 岸本真知子 斎藤暢子 井上葉子 一條荘子
ドゥジエムプリ 一戸雅子 佐藤真弓 野村幸子 井上明子 Midori 吉田征子 田中宏明

最優秀フランス語賞 野村幸子 佐藤真弓
フランス語ディプロム 井上葉子 宇藤カザン 斎藤暢子 清人 de イーハトヴ 中村さだひこ

聴衆賞 大津ティナ 中村さだひこ
エレガンス賞 吉田征子 一條荘子 セ・ラ・ヴィ賞 山懸振武 清人 de イーハトヴ

グランプリ・ド・ラ・フィデリテ賞 大津ティナ 高橋マサ子


9/28(日)14時~ ジョジョクラシック ショパン


ジョジョクラシックは、クラシック音楽でリラックスできる60分。FMはしもと
ネットラジオはこちらをクリック(PC) http://csra.fm/asx/hasimoto.asx
番組へのリクエスト・メッセージ http://816.fm/?page_id=18

【曲予定】歌曲 「乙女の願い」
チェロソナタト短調作品65 より第1楽章
ゴドフスキー編曲(練習曲作品10の12 革命のエチュード)(練習曲作品25の11 木枯らし)
ポロネーズ第5番 嬰ヘ短調作品44
バラード第4番ヘ短調作品52
【アンコール】ワルツ第6番変ニ長調「子犬のワルツ」

【ピックアップ】ショパンの音楽は ピアニズムであり リアリスト(現実主義者)であった。管弦楽用に編曲できないピアノ曲がたくさんある。ピアノを知り尽くしたピアニズムがあり 無理というものだろう。

ショパンはポーランドを亡命(?)し、二度と祖国に帰ることはなかった。当時、ロシアによるポーランド支配が強められ独立宣言をしたが、鎮圧された。ショパンは自分の思想を音楽に盛り込んだ。
ショパンがもし自国にとどまったなら あのような音楽が書けたのか生きながらえたのかは疑問である。自国でポロネーズを発表していたのなら 蜂起を後押しし 要注意人物になっていたのかもしれない。マリア・ヴォジンスカと結婚できなかったのも謎が。他方で、ショパンは イタリア ドイツ、イギリス旅行をしている。

ショパンは プレイエルのピアノを好み 前奏曲や チェロソナタなど 体調のすぐれないときにコントロールしやすいこのピアノを気にいっていた。
練習曲27曲 を ポーランドの作曲家 レオポルド・ゴドフスキーが 更に難しくし53曲、編曲した。演奏困難な曲が多いが、ピアニストが挑戦している。その中で 唯一編曲できなかったのが 作品25の7である。練習曲に 表現の限界を要求した曲はかつてなかった。練習曲だが 手のねじれたものは触れない方がよいとされ その前段階として前奏曲が位置する。

ゴドフスキーは 左手の強化のための革命のエチュードを 左手のみで演奏できるよう編曲した。
右手の3、4,5の指の強化のための「木枯らしのエチュード」を左手のパートにし 独自の解釈もいれ 素晴らしい響きを表現。もちろん ショパンの原曲がなければ このような曲は生まれなかったのである。

一方 練習曲のエッセンスは ピアノ協奏曲や バラード スケルツォなど随所に出ており 活用できる。 例えば バラード4番のフィナーレの重音は 練習曲作品25-6の部分。
ポロネーズ第5番のオクターブは 練習曲作品25の10 徹底的なオクターブ奏法にヒントが。

そして 一番難しいのは チェロソナタのピアノパート リズムを担う左手が肝心で 右手の重音の連続。この曲の雰囲気を出すためには訓練が。アンサンブルテクニックも必要。ピアノパートが対位法的にいくつかの声部に分かれているので  最大の効果をあげるために よく音を聴きながら。精神的にも最も難しい部類に入る。ショパンの語法を理解する必要がある。一方 3楽章は至高の癒しの音楽である。

16c08035f15a2e3f89c412dbec49df09

ワルシャワ近郊 ジョラゾラヴォラ ショパンの生まれた家が博物館になっている。
ワジェンキ公園にはショパンの像が。聖十字架教会にはショパンの心臓がおさめられている。オストログスキー宮殿には ショパン協会があり ショパンの手紙など展示されている。

pleyel_paris_

革命のエチュードをさらに難しくした ゴドフスキーの左手のための練習曲。

ショパンはチェロを好んでいた。晩年の傑作。エキゾチックな雰囲気。室内楽曲でも最高峰のひとつ。この曲のよさを引き出す。

次回は10月5日 14時です


9/11(木)13時~FM81.6 おきがるタイム 


はしもとティーブレイク@マコルネのおきがるたいむ(略称:マコルネ おきがる) シャンソン タンゴ 昭和歌謡 サイマル(ネット)ラジオに対応。http://csra.fm/asx/hasimoto.asx
スマホでの視聴のしかたはこちら http://816.fm/?page_id=71
番組へのリクエスト・メッセージなど http://816.fm/?page_id=18

【曲予定】魅せられて ジュディオング スカーフ 群衆 金子由香利 ティコティコ たそがれのオルガニート begining dream かけがえのないもの 大野愛果 キューポラのある街 夢千代日記 吉永小百合 恋のハレルヤ 黛ジュン 風 はしだのりひこ シューベルツ いい日旅立ち 谷村新司

【生アコ】赤蜻蛉 里の秋

【トピック】秋らしくなってきました。 空気が冷えたのかと思います。月の光が強いですね。小さいながらも月かさがでていますね。ところで 秋旅のキャンペーンがいろいろとでています。調べてみるのはいかがでしょうか。

版画家としても活躍を続けるジュディオングさん 
191top

次回は9月第4木曜25日です。


9/21(日)14時~ ジョジョクラシック バッハ チェンバロ


ジョジョクラシックは、クラシック音楽でリラックスできる60分。FMはしもと
ネットラジオはこちらをクリック(PC) http://csra.fm/asx/hasimoto.asx
番組へのリクエスト・メッセージ http://816.fm/?page_id=18

【曲予定】バッハ フランス組曲第5番ト長調 グスタフレオンハルト
トッカータ ホ短調 曽根麻矢子
イタリア協奏曲 ピーター・ヤン・ベルダー
【アンコール】「フランス風序曲」 ガヴォット エコー

【ピックアップ】グスタフレオンハルトさんは 親しみのあるレクチャで 古楽をひろめた人として名高い。
チェンバロのリサイタル 生で聴く機会は逃さないようにしたい。ホールにおいてないこともあるので 楽器を運搬して調律 2-3回はするのだろうと思う。ピアノと違い狂いが出やすい デリケートな楽器。繊細なそして レトロな音色。

チェンバロ ハープシコードは ピアノの前の楽器。1750年ごろはチェンバロの時代だった。1800年ごろにはピアノが発明される。クラビコードのように 弦をはじいて音を出す楽器。ピアノは ハンマーフェルトが弦をたたく打鍵楽器。似ているようで全く違う。特徴は、ピアノのような繊細なタッチセンスはない。そのかわりストップ レバーなどで音色を変えたり 二段鍵盤を弾き分けることにより 音楽を表現している。元々 通奏低音として ヴィオラダガンバ チェロとともに 伴奏楽器として使われていた。
それを独奏楽器としたのはバッハである。平均律クラヴィア曲集などは 大きく前進させるものだった。さらに 24の調性にわたるおそらく初めての練習曲で 旧約聖書と呼ばれている。

太田区に山王オーディアムという、コンクリートうちっぱなしのホールがある。渡辺順生氏のレクチャは興味深い。平均律か中全音律か 音楽がどう響くか。チェンバロ奏者・記者の方からご縁をいただき 東京第一ホテル イベントで コンサートピアノ調律をさせていただいたことがあったな。ピアノフォルテとフォルテピアノ ベートーヴェンの月光ソナタなどを弾き分けていくというもので 興味深い企画。

曽根麻矢子氏は チェンバロ奏者の第一人者。

次回は9月28日 14時です


オペラ「白峯」 名古屋 東京で


丹羽明氏は フランスに在住する音楽家 メシアンの弟子。80歳だが 精力的に活動する。フランスに留学され フランスに50年以上在住され フランスをよく知る人。今回 日本に来日 フランスと日本の関わりについての講演会が多数。9月30日(火)大阪日仏協会 ホテルニューオータニの昼食会でも講演される。

楽劇 オペラ 「白峯」は、話題作のようだ。 フランスでつくられた日本のオペラ。日本とフランスの融合が楽しみ。伝統芸能の能をとりいれ、日本の音階である四度音程を使っている。台本も作曲者自らが手がける。鎌倉時代の 白河天皇・上皇・法皇ともいわれる(1073~83)院政時代 がストーリー。

白河天皇は 自身の子である堀川天皇に譲位し 白河上皇となった。院政を続け 政略結婚などの摂関政治などと違い しかも治外法権であるので 強権政治を行うことができたのである。当時は 朝廷が政治を行うことで 天皇か上皇かの違いしかなかったこと。子どものうちに即位させ、譲位し実権をにぎることにより 政権を安定させる思惑があった。存命中に譲位することができた。現在は 皇太子 親王がおられるが 即位した天皇は崩御によってのみ 皇嗣が、直ちに即位する。皇位は終身制であるなど、1947年に現行の「皇室典範」により定められている。

[browser-shot url=”http://shiramine.net/” width=”400″]

%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E8%A1%A8

9/26(金)18時30分開演  しらかわホール 愛知県名古屋市中区栄2−9−15

ルートを検索

%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E2%91%A0

9/28(日)14時~ すみだトリフォニーホール 東京都墨田区錦糸1−2−3

%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E2%91%A1

ルートを検索

守る


日本の防衛。もちろん戦争はしてはならないことだ。日本は抑止力を持っているのだろうか。日米安保があるからという人がいるが 考えてみたいと思う。
北朝鮮から 短中距離ミサイルが時々日本海に打ち込まれている。衛星とミサイルは弾頭こそ違うが 同じようなもの。最新だと、超音速や射程5000kmのものもある。しかも 弾道に生物兵器・核兵器なども搭載可能という。液体燃料の場合は 発射台を監視していれば一定期間 発射態勢が見られるが 固形燃料だと即発射できる。発射台は移動式もあるので監視を徹底する必要がある。イージス艦 X-BANDである。

イージス艦を配備。舞鶴などは北に対する防衛。横須賀は 首都圏の防衛のため。北朝鮮・韓国境界線までは、佐賀・山口から600km。北朝鮮全域だと1000km。ミサイルは分速40km程度で、日本までの距離は650km。領空を飛んでくるがものの3分程度で到達するので破壊命令を即時に行う必要がある。

実際飛んでくることはほとんどないが 日本に飛んでくるミサイルは迎撃できる。が、大気圏に突入するミサイルは速度が加速するのでやりづらい部分もある。ほとんどは 日本を通過する長距離弾道ミサイルである。

戦後 日本も警戒警報が発令されたことがある。未確認物体が領空を侵犯 軍用機が日本に向かって飛行しているというもの。米軍基地から朝鮮へ飛んでいった。こういったことがサンフランシスコ講和条約と同時に日米安保条約を締結することに至った経緯だと思う。

条約によると日本は米軍基地をアメリカに供託し アメリカはこれを使用することができる。この条約には期限が定められていない。残念ながら 竹島と北方領土は条約外の地域。尖閣諸島に中国が武力行使された場合、まずアメリカ議会の議決が必要で そのプロセスを経てになる。

1945年8月15日に日本はポツダム宣言を受諾し、連合国に降伏、朝鮮は解放された。
8月24日に平壌に進駐したソ連軍は朝鮮半島北部を占領し、既に建設されていた朝鮮建国準備委員会を通じた間接統治を実施。朝鮮半島南部には9月8日に仁川に上陸したアメリカ軍が朝鮮建国準備委員会を解体した後、在朝鮮アメリカ陸軍司令部軍政庁による直接統治を実施、朝鮮半島は米ソ両国によって南北に分断。
1948年8月15日、ソウルで李承晩が韓国が独立。北朝鮮の金日成は9月9日にソ連の後援により朝鮮民主主義人民共和国を独立。1949年10月1日に中華人民共和国が建国。1950年 朝鮮戦争が起こる。

Korean_war_defense_circle

朝鮮半島に近い福岡市や北九州各地と山口県西部は、米軍の司令下にあって厳戒体制がとられる。1950年6月29日、「正体不明の飛行機一機が福岡・北九州に近接してきた」との米軍情報によって、米軍の板付飛行場を中心とした福岡、北九州の小倉、戸畑、八幡、門司、および佐世保の六都市に、「警戒警報」が発せられ、灯火管制が実施。戦時下とおなじ状況が再現され、緊張がはしった、自国の防衛について、占領下での事態に日米安保条約が必要であった。

マッカーサーは本国の陸軍参謀総長に在日アメリカ軍4個師団の内、2個師団を投入するように進言したが、大統領の承認は得ていなかった。B-29やB-50大型爆撃機を日本の基地から発進させ、北朝鮮が占領した金浦空港を空襲した。アメリカ議会 トルーマン大統領はマッカーサーに、1個師団の派兵を許可した。

現在、沖縄の基地軽減のために 山口県岩国基地などにオスプレイを配備。オスプレイは600kmが飛行距離なので 北朝鮮の境界線あたりまで飛行することができる。沖縄ならばそれができない。なお 北朝鮮の全域までは1000kmなので 1回の給油で帰還できるのである。

LÕÄò_thumb[1]

以下 条約の骨子

第1条
国連憲章の武力不行使の原則を確認し、この条約が純粋に防衛的性格のものであることを宣明する。
第2条
自由主義を護持し、日米両国が諸分野において協力することを定める。
第3条
日米双方が、憲法の定めに従い、各自の防衛能力を維持発展させることを定める。
第4条
(イ)日米安保条約の実施に関して必要ある場合及び(ロ)我が国の安全又は極東の平和及び安全に対する脅威が生じた場合には、日米双方が随時協議する旨を定める。この協議の場として設定される安全保障協議委員会の他、通常の外交ルートも用いて、随時協議される。
第5条
両国の日本における、(日米)いずれか一方に対する攻撃が自国の平和及び安全を危うくするものであるという位置づけを確認し、憲法や手続きに従い共通の危険に対処するように行動することを宣言している。
第6条
在日米軍について定める。細目は日米地位協定に定められる。
第7条、第8条、第9条
他の規定との効力関係、発効条件などを定める。
第10条
当初の10年の有効期間(固定期間)が経過した後は、1年前に予告することにより、一方的に廃棄できる旨を定める。いわゆる自動延長方式の定めであり、この破棄予告がない限り条約は存続する。


真田丸 真田山旧陸軍墓地


真田幸村の銅像のある真田山公園。玉造にある。三光神社から小高いみちを歩いていくと 石垣がある。慶長19年(1614年)の大坂の陣(冬の陣)において、豊臣方の真田信繁(幸村)が大坂城の平野口に構築した出城。上町台地にかけて聳える。三光神社 神殿には 真田の甲冑が安置されている。

ところで 三光神社のすぐ横には ☆の形をした墓碑が。「真田山旧陸軍墓地」。この墓石は約5300あるという。何か急に悲しくなった。ただ手を合わせたい気持ちである。
また、基地を偲ばせるように煉瓦の跡が残っている。ここは桜の大木がある。春には日本人としての気持に触れることができるのだろう。

ポーランドのオシフエンチウム(ドイツ名:アウシュビッツ)には ナチスドイツによるホロゴースト おびただしい数の墓地があり戦慄をおぼえた。1934年 ヴェルダンの戦いによる700,000人の死傷者が出たアルザス・ロレーヌ地方にも共同墓地がある。2013年 遺骨が発見され再埋葬された。

2016年 NHKの大河ドラマは真田丸である。甲冑や六文銭など。九度山町に真田庵がある。
「チャンバラ」ごっこでなく 人の血が流されていることを 忘れてはならない。

戦争が風化している。

 

P1180783_640

P1180786_640

P1180787_640

P1180828_640

旧陸軍墓地は明治からの陸軍で戦死した兵士の墓が無数にある。

P1180819_800

P1180790_640


9/14(日)14時 ジョジョクラシック シューマン


ジョジョクラシックは、クラシック音楽でリラックスできる60分。FMはしもと
ネットラジオはこちらをクリック(PC) http://csra.fm/asx/hasimoto.asx

番組へのリクエスト・メッセージ http://816.fm/?page_id=18

【曲予定】シューマン アラベスク アルトゥール・ルービンシュタイン
交響的練習曲(シンフォニックエチュード)ウラディーミル・アシュケナージ

【アンコール】シューマン トロイメライ マルタ・アルゲリッチ

【ピックアップ】シンフォニックエチュードとも言われ シューマンの代表作 主題による数々の変奏曲がある。テーマは静かに民謡風な旋律。第1変奏から展開される。マイナーがメジャーになることもあり、多彩でピアノ奏法のみならず 音楽としての魅力に溢れている。フィナーレは  勇壮で力強い。

バッハのように横の線ではなく 縦の線とリズムがシューマン。バッハを思わせるが、徹底的に動機を活用し 効果をあげている。

ver7_se_tr800

フィナーレ 連続10度 リズムの交差 シンフォニック 構造的に考えられていて シンフォニックなピアノ曲。

se_fi_04_tr800

次回は9月21日 14時です