タグ: アコーディオン

2019.1.19「アコーディオン・オーケストラ」出演募集


2019.1.19「アコーディオン・オーケストラ」出演募集

「愛しき人に アコーディオンオーケストラでつなぐフランス民衆の歌 メドレー サクランボの実る頃 インターナショナル」(編曲・指揮 柴崎和圭)
「日本のうたごえ祭典 in 東京 大音楽会」川崎市とどろきアリーナ(収容数 6500 川崎市中原区 JR南武線・東急東横線「武蔵小杉駅」)
2019年1月19日(土)午後 「大音楽会」で演奏 ※当日午前中 別会場でリハーサル予定

練習日程 10月7日 13時~16時 新宿区立元気館大会議室
その他の日程 11月25日 12月16日 1月13日 を予定 ※会場等は別途

参加費 5000円(練習会場費、指導料、諸経費)および楽譜代 500円 (※大音楽会参加費 入場料 3000円~が必要)

思えば
2007年 (奈良 ならでんアリーナ)ドヴォルザーク「新世界より」(指揮 木下そんき)
2008年 (東京 日比谷公会堂)ストライク・アップ・ザ・バンド(指揮 松永勇次)
2011年 (千葉 千葉アリーナ)フランク・シナトラ・メドレー(指揮 柴崎和圭)
2013年 (大阪 大阪城ホール)グラナダ ラ・クカラチャ (指揮 吉田親家)(大阪フォークダンス連盟 共演)
2016年 (愛媛 ひめぎんホール)1チゴイネルワイゼン サウンド・オブ・ミュージック 原爆を許すまじ ・・・(指揮 田中幸男)(※1 独奏 松永ゆうじ)

に参加してきた。100台のアコーディオン合同演奏に力を会わせましょう。楽しく演奏したいですね。

2007年 プラハで演奏してきたが ヨーロッパでは アコーディオンオーケストラの活動が盛んで音楽祭も開催されている。



 









問:事務局 音楽センター教育部内 望月 03-3208-8377 Fax 03-3200-0104 メール mochizuki@ongakucenter.co.jp




4/9(日)13:00~「お花見」演奏(4月9日 更新)


ちょうど 満開の頃、晴れてほしいです。バーベキューとまではいかないけど 軽く食べ呑みながら・・・愉しく。会場は 田園公園(たぞのこうえん)「泉ヶ丘駅」より ※雨天時中止





(4月9日 更新) お天気は 曇りがち 気温は高めだが すっきりしない。会が終わるまでは 雨が降らないでほしい。

12時30分から 歌の会がはじまった。30分くらい 演奏をまじえながら 懐かしい音楽をアコーディオンで伴奏し 歌いやすいようにリードしてゆく。



 







会もなごみ ビンゴゲームが。私は ゲストだったが 早いうちにあがってしまった。(笑)
さくらさくらを演奏しながら「この春は二度とないんだな」と思い一期一会をかみしめていた。

泉北ニュータウンは 約40年前に開発された。よって この桜の木も 40年以上咲いている。
田園公園(たぞのこうえん)の周辺に団地があるが ここに大きな病院が移転することが決まっている。住民は 70代の高齢者が多い。引っ越しを余儀なく迫られるとみている。複雑な心境である。


「LIVE24」8/28 チャリティーライブ 完


LIVE24 「草の根チャリティー」会場 「画廊飛鳥」さん
オーナーの方 スタッフの 岸谷さん 楠田さん ありがとうございます。

画廊飛鳥さんは、チャリティー企画を 映画の上映会も含め 企画されました。
土・日は、LIVE24がありました。

160828_live24_640

私は 8/28(日)18時から 約40分間 ライブ演奏しました。
ワルツと 古い歌謡曲 懐メロ シャンソン ピアソラ バッハのコラールを一部紹介しました。
熊本地震に 負けないで。

チャリティライブを通して チャリティの意義を再認識しました。

DSCN2690_640tr

画廊飛鳥さんは 4年前 偶然知り合った シャンソンとの出逢いにより この場所にたどりついたのでした。その年の LIVE24 チャリティ (うた 鈴木希彩さん ピアノ 西辻善則)と 年末のチャリティでは  二胡の楠田さん シンセイサイザーの岸谷さん と 一緒にライブ出演しました。

facebook.com 14102480_1164638056926349_6110336024185395171_n

楠田さん 岸谷さん 素敵な演奏でした。

20時からの エンディング 最後の最後 「ふるさと」では 楠田さんと岸谷さんに 私のアコーディオンでセッションしました。LIVE24も お別れの時間が来て 名残惜しかったです。

14102776_1164638353592986_6920599601186179079_o_640

記念写真です。

DSCN2698_640tr


「今生の思い」80歳トリオ アコーディオン動画有 


第30回 ビバアコーディオン 無事終了しました。ありがとうございます。当方、実行委員をしています。今回 30回記念で 今まで出ていただき 活躍されている方を「記念コンサートコーナー」で演奏していただきました。そのため ゲストはなしということでしたが。豪華になりました・・・

その中でも ひときわ 異彩を放つ 80歳トリオ 「今生の思い」 実現しました。80歳を超え 現役で活躍される3名によるセッション。聴衆に元気と勇気をあたえました・・・素晴らしい演奏

トンボ楽器製作所会長 真野泰治 元NHKのど自慢伴奏者 ビバアコーディオン実行委員長 杉村寿治 全関西アコーディオン協会 理事長 吉田親家

30_viva_80trio

 


「インデファランス」フランスのはやいワルツ調 ミュゼットの名曲 真ん中 真野氏 リズムが駆け抜ける 立ちまわりして演奏できるのが「アコーディオン」のよいところ・・・ステージに出てきました・・・『セッションに入って』 普段 逢う事のない 3人でしたが 30回記念コンサートのゲストの話で偶然 このセッションの提案が持ち上がり実現しました


ラグジュアリーライブ 2016.4.16


4/16(土)大丸心斎橋店『ラグジュアリーフロア』「ミニライブ」17:00~
http://nishikunn.net/nishikunn_wp/?p=17222

クラリネティストの吉田さや佳さんと。

クラリネットって身長長くてノーズが大きい 下の管の「ベル」から 音がまっすぐ飛ぶイメージ。運指で リコーダーと比べて管が上にも下にも長い。均一の音質でない事。低音が 大地を這うような音 高音は ズズっと唸るような音 中音は 素朴な柔らかい音色。音量は ピアニッシモから フォルテッシモまで ダイナミックレンジの幅が大きい。

オーケストラでは 木管楽器として リズムキープやオブリガードを演奏したりしているけれど。金管楽器の音量はまた違う。木管楽器群では クラリネットはオーボエと並び、ソロにあたる楽器。
クラリネットは ソロ楽器として充分 繊細な音色を響かせることができます。むしろ アコーディオンのようなリード楽器とは ミックスしやすいのではと思います。

さて、曲目は シャンソン ミュゼット を中心に 即興的に演奏しながら クラリネットが メインに オブリガードに転じる 高揚する感じを演出でした。もちろん アコーディオンは ベースとコードの主導権を持ちながら 変化していく・・・ 時にはお店の中に入っていき 演奏で立ち回りました・・・

13029541_995512010530625_7617476586181697243_o_500

b977e32b-de91-4087-81ca-9f121f96cf47_500

2b40acf8-ef7e-429b-8a4e-a9a69e54b142_640tr

13029566_995512120530614_8163723656536810846_o_640


2016.3.20(日)14:00 丹生都比売神社Niutsuhime Shrine【世界遺産】World Heritage「バッハインザサブウェイズ」 Bach in the Subways)


「バッハインザサブウェイズデイズジャパン」 昨年 世界40カ国130都市以上が参画し 400名程の奏者が参加。東京は、「表参道ヒルズ」においてパフォーマンスを大成功、関西は 奈良2か所(桜井・斑鳩) 大阪(りんくう) 和歌山(高野山)と 4か所で開催。https://www.facebook.com/BachInTheSubwaysJapan/

今回、3月19日(土)20日(日)21日(月・祝)に開催されます。(英語ページ)
https://www.facebook.com/BachInTheSubways/
公式サイト(日本語)。http://bachinthesubways.org/?lang=ja
私は 実行委員で このイベントをオーガナイズしています。
3日間5都市 一覧ページ http://nishikunn.net/nishikunn_wp/?p=16110

bach_its2016_l

3月20日(日)
和歌山会場 『世界遺産でバッハ』 (world heritage “Niutsuhime jinja” Shrine Bach in the Subways)
開場 13:30 開演 14:00  (14:30終了予定)丹生都比売神社(niutsuhimejinja(天野大社)伊都郡かつらぎ町上天野230 JR和歌山線「笠田駅」より かつらぎ町コミュニティバス「丹生都比売神社行」終点下車(※ 12:00 笠田駅出発 16:24 神社出発)【無料P有】http://www.niutsuhime.or.jp/

bus

top_billboard_main

後援 和歌山県 FMはしもと株式会社 問:090-2100-3258

bach_its2016_logo_n800

出演者 大野憲子(ソプラノ)

82c26299-066f-48a2-ba8a-7b6d75e746d7_tr250

帝塚山学院高校音楽コースを経て、相愛大学音楽学部声楽学科声楽専攻卒業。オーディションを経て、第31回和歌山県新人演奏会出演、第38回TIAA全日本クラシック音楽コンサート 奨励賞受賞、KOSMA主催H25年ピアノ声楽コンクールinOSAKA 金賞受賞。H19年イタリア ミラノのヴェルディ音楽院にて夏期講習に参加しディプロマを取得。和歌山県文化振興財団の事業「お出かけミニ演奏会」の演奏者として、県内の小中学校等にて演奏会を開催中。2013年4月より、fmはしもと81.6MHzにて水野夏希名義で複数の番組を担当。これまでに 山田健司、井岡潤子、石井貴美の各氏に師事。現在 堺シティオペラ会員・夢路歌ウェーブメンバー・女性アンサンブルユニット「スノードロップ」メンバー。ブログhttp://ameblo.jp/kanon-music-school

西辻善則 アコーディオン・ピアノ
詳しくはプロフィールページ

11072968_801101156612139_1178246837_n

2005年 JAA国際アコーディオンコンクール第3位(一般の部)バッハ 「シャコンヌ」
プラハアコーディオンフェスタゲスト出演 シャンソンコンクール審査員等。現在 日本アコーディオン協会理事 ピアノ調律師(フリー)としても活動。FMはしもとパーソナリティーとして クラシック番組「ジョジョクラシック」日曜14時~ 等を担当 ブログ http://nishikunn.net/nishikunn_wp/

演奏曲目 アヴェマリア メヌエット G線上のアリア  シャコンヌ 主よ人の望みの喜びよ

ルートを検索

丹生都比売神社(niutsuhimejinja)(天野大社)伊都郡かつらぎ町上天野230
JR和歌山線「笠田駅」より かつらぎ町コミュニティバス「丹生都比売神社行」終点下車【無料P有】http://www.niutsuhime.or.jp/

問:バッハインザサブウェイズデイズジャパン2016 実行委員会
(「一般社団法人 クラシックを聴こう協会」内)090-2100-3258
3日間5都市 一覧ページ http://nishikunn.net/nishikunn_wp/?p=16110
問い合わせフォーム http://nishikunn.net/nishikunn_wp/?page_id=157
バッハインザサブウェイズデイズページ http://bachinthesubways.org/?lang=ja

お願い。混雑時、お車の駐車等はご自身で管理をお願い申し上げます。開催時は動画撮影しております事ご了承願います。(後ほどサイトに掲載するため) 演奏時の撮影はご遠慮ください(フラッシュ・アラーム等音の鳴るものは禁止)。また、許可なく静止画・動画を掲載されることはおやめください。スムーズな進行ができますよう皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

全体チラシ 160315版

CIMG0109_640

ライプツィヒにある 聖トーマス教会 バッハ像の前で バッハは この教会で長年 オルガニストをつとめた 尚 教会には オルガンがあり 現在でも演奏会が行われている。また バッハのお墓があり 献花が絶えない

CIMG0094_440


プラハ国際アコーディオンフェスタ


3年に一度 開催される 「プラハ国際アコーディオンフェスティバル」アコーディオンコンクールのひとつ。私が 参加出演した時は 14カ国 イギリス ドイツ スペイン フランス チェコ スロヴァキア ロシアなど。曲は バッハの前奏曲をアレンジし ドラムスも組み込み オーケストラのようである。ウインドオーケストラともまた違う雰囲気。こちらは スペインのグループ。レベル高い演奏だった。(ISIDRO LARRAÑAGA PRAEFUGIUM )颯爽とドレスにアコーディオン 洗練されている。

5481863756_43f338b530_gs


Bach Prelude Cis dur  by Isidro Larrañaga Akordeoi Orkestra

この時、ヨーロッパのセンスある アコーディオンオーケストラをみたのだ。日本で アットホームな 「アコーディオンアンサンブル=オーケストラ」を実現したいと思った。アコーディオンのみでなく コントラバス ピアノ パーカッションを編成し 演奏したいと。

それが実現できたのである。「日うた アコーディオン合同」で、関わることができた。奈良アコーディオン合同 100台で 「ドヴォルザークの新世界から 第4楽章」奈良市体育館 6000人を満杯にした。翌年、日比谷公会堂で 「ガーシュウィンの ストライク・アップ・ザ・バンド」 100台のアコーディオン合同演奏ができた・・・

もうひとつは 僕が代表つとめている アコーディオンサークルでの合奏は できるなら このかたちに拘りたい。
「スメタナ モルダウ」。6パート 20人で 打楽器 ピアノ コントラバスで 本格的なアコーディオンオーケストラに取り組んだ・・・

CIMG0225_tr800

CIMG0236tr_

当時の演奏した事を思い出していた。しばらくの間、映像をみることはなかったのだが。今 考えると貴重な経験をさせていただいたと改めて思う次第である。
3曲 YOU TUBEに アップロード。お時間がありましたら お聴きいただけると幸いです。

CIMG0213_800

プラハ国際アコーディオンフェスティバル (アコーディオンの日)
サルバトール教会にて

1 モンティ チャルダッシュ ヴァイオリンがジプシー風の旋律を奏でる。アコーディオンは民族楽器でもあるので相性がよい。

Czardas Monti (Accordion & Pf) Praha International Accordion Festival OPENING Guest
Perform: Bellows Fellow :Accordion Yoshinori Nishitsuji Piano Akiyo.K
Place:Church of St. Salvator Praha Czech Republic


2 ショパン チェロソナタ作品65 ラルゴ 私が最も好きな曲のひとつ。ショパン晩年の最期の大作 チェロソナタ 友人フランショームにも「創作がちょっぴりしかすすまないこと」を嘆いていた・・・
ショパンは 病気と闘っていた。美しい音楽。

Chopin Cello Sonata Largo (Accordion & Pf) Praha International Accordion Festival OPENING Guest
Perform: Bellows Fellow :Accordion Yoshinori Nishitsuji Piano Akiyo.K
Place:Church of St. Salvator Praha Czech Republic


3 『家路』(一部) アンコール ドヴォルザーク 交響曲第9番 新世界から 第2楽章より
アンコールは プラハにちなんだものに決めていた。ピアノ伴奏の曲も一応考えたが ソロ曲に。
この教会に相応しい響きをアコーディオン オルガンの音色で 「家路」。最後の消え入るように終わるところは 繊細なべローイングが気持ちの如くできて 教会の隅々まで ピアニッシモが届いたと思う。

“Goin’ Home” (a part) [Encore] Dvorak Symphony No. 9 “From the New World” (Accordion)
Praha International Accordion Festival OPENING Guest
Perform: Bellows Fellow :Accordion Yoshinori Nishitsuji
Place:Church of St. Salvator Praha Czech Republic


CIMG0222_640


第2回ユニットコンサート 完 8/30


全関西アコーディオン協会主催 第2回ユニットコンサートがあった。

5組のユニットが登場 熱い演奏を聴かせてくれた。2000円(ワンドリンク + ワンフード付)2時間半たっぷりと愉しんだ。会場は150名以上の聴衆で埋め尽くされた。アコーディオンの多様性

ホットな ユニットが登場
第1部 アコーディオン3人 プチ・アルマ 竹内瞳 辻直子 羽根嘉奈子
第2部 アコーディオン&ギター テノール ふじかわ健 馬田諭
第3部 アコーディオン&フルート 杉村寿治 兵頭眞規子
第4部 アコーディオン3人 YMOトリオ 吉田親家 丸尾知子 小野寺彩香
第5部 アコーディオン&アコーディオンアコーディオン&ピアニカ
アコーディオン&ダンス アコーディオン&パーカッション
アコーディオン&ピアノ すずきのぶこ&みかこ

私は 司会 進行 撮影 音響を担当させていただきました。「司会 いいぞ」 というお声をいただきました。
あまり 無駄な事は話していないつもりなのですが。今度は演奏で出演する予定でおります。

aaa_unitcon2_640

yunikonn_01

??????????

??????????

??????????

??????????

??????????


全関西アコーディオン協会 懇親会


今日は 全関西アコーディオン協会の総会 懇親会があった。全関西アコーディオン協会(通称 All-Kansai Accordion Association)は、今年で70年を迎える協会組織で 200名の会員が在籍している。

20150505_153926_640

会長 理事長 そして 常任理事  理事 数名 監事などで構成される。現在 活動会員は 100名程度 機関誌を年に1回 交流会を年に4回 主催コンサートを年1回 全国的なコンサート「ビバ・アコーディオン」を共催している。役員改選があり 私は 常任理事に就任。

懇親会での 演奏の様子 YOUTUBEサイト

http://youtu.be/5kYfChpCLvo

http://youtu.be/ckVTFg3mhj4

このビバアコーディオンという行事は 元々 協会とは別に 実行委員会形式で発足した。単年度で精算し 次年度できるかどうか検討し続けてきた経緯がある。当然 実行委員は 協会の理事とは別に役割を持つ。このビバアコーディオンも30年を迎えようとしている。

アコーディオン弾きが集結することにより 交流 演奏技術の向上 共有スペース 例えば 楽譜 CD 著作本 楽器展示 楽器修理など 必要な情報がここにある。しかも入場無料。

ぜひ 6月7日(日)10時 開場 10時30分 開演 堺サンスクエアホール 大ホール(400名収容)足を運んでいただきたいですね。このホール クラシック専用ホールで 響きがよい。

CIMG1974_640

参考ページ 全関西アコーディオン協会のHP http://www.accordion-aaa.com/

ビバ・アコーディオン情報 http://viva-acco.net/

images

ルートを検索

アコーディオンをはじめたきっかけ


アコーディオンをはじめたきっかけなど、地元の新聞での取材に応じました。

どこまで お話すればよいのか迷いましたが。丁度 この日は 公民館での うたごえ喫茶でのイベント。
伴奏するというもの。心地よく歌っていただければ こちらは幸いです。また NHKさんも来ていて 演奏シーンを撮影していかれました。あすのWA(NHK総合 18時10分から)で 一部 放映されました。

その時の記事が 掲載されています。アコーディオンを始めたきっかけなどが紹介されています。また、活動の様子なども紹介されています。東日本大震災で 岩手県大槌町に災害ボランティアに行ったこと。その前は 平成21年 兵庫県佐用町が台風9号の被害を受けた時、救援物資を届けたこと・・・

思い出してみると いろいろな事が重なっていた時だった。きっかけは、自分で伴奏できる楽器が必要だったことです。ヴァイオリンやピアノや合唱などとはつながっていましたので 練習することはできたのですが、伴奏しながら 持って行ける楽器というと アコーディオン。当時 cobaのアコーディオンがよく聴かれたことも関係があると思います。これが1990年代だと そうはならなかったかもしれません。始めるときは やりたいな位でしたが 市の団体に加盟してからは演奏依頼も増え テクニックの上達が必要に駆られました。そこで 先生から紹介いただいた コンクールというのが目標になったのだと思います。大人になって「コンクール」・・・その頃は 弾くのが楽しくて ハンデがどうのこうのは気にしていませんでした。練習しかないと思ってましたから。ある程度までは上達するためには基本を学ばないといけないので・・・ 何も考えずにやろうと決めました。

特にポイントになったのは 近親者の見舞いに演奏したかったことです。その人は 五木ひろしの「夜空」が好きで あと サユリスト 吉永小百合の熱心なファン 「いつでも夢を」 を歌ってました。
構音障害で話せなくなってしまいました。ただでさえ 無口な方がです。本を読むのは好きなので 何か書きながらのコミュニケーションはできたらと思ったのですが 書くこともおぼつかなくなってしまいました。が 耳は聞こえるようです。うなずいたり 首を横にふったりはしますが、元々我慢強い方なので 横に振ることはほとんどありませんでした。これは演奏していくことが使命だと悟りました。

アコーディオンを習って1カ月目に 市の団体に加盟させていただき 訪問演奏をすることになりました。
以下 1年と少しで アコーディオンコンクールに出場し 入賞できました。その後は 理事として事務局としてつとめています。

以下 新聞に掲載された内容です。

昭和時代の〝音楽喫茶〟のように、みんなで楽しく歌う橋本地区公民館(大居満佐子館長)主催の「うたごえ広場」が、10月3日、同公民館で開かれた。
市内の福祉施設デイサービス利用者16人を含む40~70歳代の65人が参加、〝懐メロ〟を次々歌い上げ、秋のひとときを満喫した。
「うたごえ広場」は大居館長が企画し、JAA(アコーディオン協会)理事の西辻善則さんが、アコーディオンやピアノで伴奏。公民館の9テーブルには、〝懐メロ〟を満載した公民館の〝手作り歌詞〟を用意した。

最初に西辻さんのアコーディオン伴奏で、全員「青い山脈」を合唱、会場はたちまち和やかな雰囲気に包まれた。次に大居館長がリクエスト曲を問いかけると、次々、希望曲が飛び出し、「山のロザリア」「あざみの歌」「知床旅情」など、声高らかに歌い上げた。
途中、西辻さんはアコーディオンで「恋心」「愛の讃歌」、ピアノで「ショパンのワルツ」「ノクターン(夜想曲)」などを演奏し、おしゃれなフランスの空気を漂わせたり、「津軽海峡冬景色」「長崎の鐘」「芭蕉布」など馴染みの曲を披露したりすると、参加者らは、うっとりと聴き入っていた。
また、全員で「人生の並木路」を歌った後、大居館長が「西辻先生、この(古い)歌、しってます?」と質問、西辻さんが「知りません」と答え、大居館長も「私も知りません」と言うと、会場から爆笑が起きていた。

この「うたごえ広場」は、今年3回目。参加は無料で、公民館は、ありあわせのジュースやコーヒー、紅茶、お菓子をセルフで提供。ある老婦人は「昔の歌声喫茶と変わらない、みんな友人感覚で、とても楽しい気分を味わえました。次回も必ず参加したいです」と喜んでいた。
西辻さんは「音楽で昔の心に戻ると、活力が生まれ、とても健康的な効果をもたらします。きょうは皆さんのパワーを感じました。音楽で1つになれてよかった」と語り、大居館長は「これからも、一層楽しい〝うたごえ広場〟に盛り上げたい」と締めくくった。
西辻さんは、第3回なにわ全国シャンソンコンクール審査員、今年7月には2012仏巴里祭に出演するなど活躍。また、アコーディオンサークル「ベローズーフェロー(じゃばらなかま)」を主宰し、各地のイベントや福祉施設でのボランティア演奏を続け、美しいアコーディオンの音色で人々の心を癒している。
写真(上)は〝うたごえ広場〟でアコーディオン伴奏する西辻さんとリードする大居館長。写真(中)は西辻さんのアコーディオン伴奏に合わせて〝懐メロ〟を合唱する参加者。写真(下)は楽しい雰囲気に包まれた〝うたごえ広場〟の会場。